« 今週の読書2「邂逅の森」熊谷達也(06文春文庫) | トップページ | SYNERGY73で晩ごはん »

Vリーグ見てきた~赤磐大会2日目~

 何にでも好奇心を持っているSちゃんと(尊敬!!)約1年ぶり、人生2回目の観戦。山陽町まで行きました!!女子は初めて。わくわくです。第一試合は東レVSトヨタ車体。トヨタ車体は今年初昇格なので、分かる選手もいない…唯一分かるのは全日本にセッターとして選出されていた高橋翠選手のみ。一方東レは大体分かった。荒木絵里香、木村沙織をはじめ、大山未希(いつのまにセッターに…)選手など。初めて知ったのはキャプテンの向井久子選手が就実高校出身だったこと。しかも年同じ…がんばれ、とそっと応援してみる…試合はフルセットでなかなかわくわくしました。東レが勝ったが、やはり全体的にレベルが高く場慣れした感じがした。

 印象に残ったのは選手も結構いて、収穫有りなゲーム。まず東レは木村沙織。1F席後ろから見ていたのでよく分かったのがブロックをかわすのがうまい。ブロックの間を抜いたり、ブロックアウトしたり、本当にうまい。全体的にボールが集まるのは仕方がないのかな~というかんじです。木村選手は線が細いなあ。すごく動きが軽やかです。あと佐藤美耶選手に替わって向井久子がはいると全体が締まる感じがする。このままずるずるいくなというときにはやはり向井が入っていた。実力十分のチームだが、やはり若いのか崩れるとずるずるした感があり。佐藤選手を育てているのかな?やや、向井投入のタイミングが遅いような気もする…一方トヨタ車体はセッターの船崎恵視。小さいですが、良い動き。茂原からの移籍選手です。船崎がサーブの時に得点が入る場面が多かった。サーブのよい選手なのだろう。都築有美子選手の競った場面でのスパイクの決定率が高いように思った。そんなに背は高くないのに力強い感じがした。それにしても両チームともお金があるんだなー。応援グッズやチアリーダーが洗練されていた…

 第2試合は岡山シーガルズ対武富士バンブー。これまたフルセットのシーソーゲーム。ラリーが多くて見応え十分。ホームゲームということもあり、2Fでシーガルズを応援。声も出したさ。ははは。しかしながら、武富士が買ってしまった。今期はシーガルズはイマイチ苦戦しているが、武富士は3位と好調。やはり勢いの差かもしれない。勝ってもおかしくなかったから…残念ですが。シーガルズの印象はその1,トスが速いが低い。タイミングがずれることがしばしば。山口舞、森和代の両センターはよく合わせているなあと感心してしまった。そして、その2はラリーが多い。強打と言うよりは巧打が多いせいかもしれない。ベテラン神田と若浦は止められても拾われてもよく打っていた。対して武富士は…派手。応援とかも選手の印象も…やはりレフトの吉沢智恵はうまい。体制が悪くても感じさせない。レシーブも安定しているし。石川友紀も外国人選手も華があるし。ブロック等が効果的によい場面で決まる。しかし心配なのが試合中にブロードでスパイクを決めた後、ヒザを押さえて倒れた小松留美選手…大丈夫だろうか…心配。

 印象に残ったのは、シーガルズ堀口夏実選手。中学生ということで小さい。でも、小菅選手の替わりにトスを上げても少しも違和感がない。もっと背が伸びますように、陰ながら祈っている。ライトの高松未選手。大きい選手だからか、サーブカットで徹底的にねらわれていましたが崩れなかった。スパイクをもっと見たかった。

 シーガルズが他のチームと決定的に違ったのが、チアガールがいない…ばかばかしいかもしれないが悲しかった…武富士なんか武富士ダンサーズジュニアがいた。へそ出しの長髪のセクシーなお姉さんたちだった。おなじみの武富士の音楽に乗せて軽やかに踊っていただけに、シーガルズがかわいそうになった。シーガルズはマスコットの着ぐるみが手を振っているのみ。応援も他のチームが社員か何かで小じゃれているが、シーガルズは大阪国際滝井高校の応援グッズを借りていたのか太鼓に大阪国際と書いてあった…そして、岡山東商の文字が書かれたジャージを着ていた人たち…みんな一生懸命で好感が持てたけど、せめてホームゲームの時くらいセット間の場もたせに地元の太鼓を呼ぶとか、地元の大学のチアリーダーを呼ぶとかしてくれ。選手が気の毒だぞ…素朴で良いのかなあ?クラブチームはお金がないと思うけどせめて、Oh!くんやあれすけを連れてくるとか、地域に協力を求めても良いのでは?私はささやかながら個人会員になるかも。なんだかかわいそうで、せめて年間4000円の援助をしようかな。地元だしね。

|

« 今週の読書2「邂逅の森」熊谷達也(06文春文庫) | トップページ | SYNERGY73で晩ごはん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の読書2「邂逅の森」熊谷達也(06文春文庫) | トップページ | SYNERGY73で晩ごはん »