« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

先日のカフェ部~表参道茶寮~

 友達とお出かけ中、腰が痛くなった…ううう、最近運動していないから。ヤバイ…というわけで、一休みでカフェ部です。

 岡山駅のさんすては話題の食べ物屋さんが多い。パステルやフリュティエ、鎌倉パスタなど…今日は表参道茶寮にした。黒や明かりが素敵な店内。かなりシャープな印象。私はケーキが食べたい気分だったので、ショコラとコーヒー。友人Nはウィンナコーヒーとダマンドのラムレーズンを。それぞれセットにした。ダマンドとはなんぞや?初めて聞いたぞ…メニューの説明を読むとクロワッサンの一種のよう。ショコラは結構おいしかった。ざっくりした感じで。添えられている生クリームも甘すぎずいい。ただ、コーヒーが出てからケーキが出るまでが遅くて、コーヒーがちょっと冷めてしまった。冷房が寒かったのでちょっとがくっ…どうもダマンドとウィンナコーヒー系が主体の店らしく、メニューもそれらが主。紅茶類はほとんどなかった。今度はダマンドを頼もうかな?ちなみにダマンド、お持ち帰りができるようです。長居ができたので、買い物疲れの時とかいいかも?ちなみに食後ナチュラルビューティベーシックで半額になったバックを買った。良い買い物だったわ。

<CAFE>☆☆☆★★表参道茶房

 

| | コメント (0)

今週の読書「脳障害を生きる人びと~脳治療の最前線~」中村尚樹(06草思)

 「遷延性意識障害」「高次脳機能障害」「蘇生後脳症」「脳低体温療法」「閉じ込め症候群」…これらの単語をご存知の方はどのくらいいるだろう?

 最近、脳ブームだ。ちまたには脳に良い食事や任天堂DSの脳トレやら、情報が山のようにある。脳ドリルやDSは思わずやってしまうし、楽しくもある。確かに脳の機能は複雑で興味深い。好奇心をくすぐる部分がある。

 一方で上記のような脳に対する障害への関心は低いのではないだろうか?私は作家の柳田邦夫が好きで、文藝春秋などでの医療レポは目を通していたことがあったが、上記の単語の半分程度しか知識として覚えていなかった。やはり、関心が薄かったからだろう。

 この本は、私のように予備知識がなくても読みやすく作ってある。第一章では、「閉じこめられた意識」~閉じ込め症候群~についてかかれている。通学途上で事故に合い、いわゆる「植物状態」「閉じ込め症候群」と診断され、4半世紀の間様々な障害と格闘した女性、茉本亜沙子さんにスポットが当てられている。「閉じ込め症候群」とは意識不明の状態からは回復しても、体に障害が起こり、意志疎通の手段を奪われた状態であること。現在の茉本さんは体はほとんど動かないが「トーキングエイド」で意志疎通をし、「マイスプーン」で食事をし、電動車いすで移動手段も獲得している。そこに至るまでの様々な障害は筆舌に尽くしがたい。恐らく非常にまれな例であろう。もともと聡明な女性であり、障害が運動機能のみで、かつ、性格が明るく強い方であったのでは?と思う。しかし、「自立したい」という意欲はみな等しく持っており、それを実現するだけの意思と能力(これは本人にしかもてないけれど)、周辺の人間の理解とサポートとコミュニケーションがあれば不可能ではないのだな、と思う。茉本さんの場合は知的な障害が出ず、眼球の動きによって意識の回復が伝えられ、かつサポートするご家族に恵まれた希有な例なのだろう。同じように意識は回復しても伝達の手段がない方はたくさんいらっしゃるのかも?と思うと胸がふさがる。茉本さんは現在自立しヘルパーさんのサポートを受けながら、一人暮らしをされているそうである。「トーキングエイド」はナムコの商品で開発に茉本さんが一役買っている。なんと、ナムコの社員であった時期もあるのだ。実際の茉本さんの日記が(更新は止まっているようだけれど)ナムコのホームページ上にある。ご覧いただければ、勇気が出る人もいるかもしれない。

 第二章は「植物状態と宣告されて~遷延性意識障害~」では、交通事故による硬膜外血腫の影響で遷延性意識障害と診断された藤井正樹さんについてかかれている。遷延性意識障害…聞き慣れない単語だ。最初はパソコンの変換もうまくいかなかった。昔で言うところの「植物状態」ということらしい。植物という単語にはマイナスイメージが強い。一方、遷延性意識障害は意識障害が延々と続く状態を指すようだ。遷延性意識障害といういい方をすることが多いようだ。正直に申し上げると一番衝撃的だった。藤井さんうんぬんと言うよりは、このような障害を負った方への扱いについてだ。遷延性意識障害というのは病院にとっては儲からない病気らしい。藤井さんの余命は2年程度と診断され、3ヶ月ごとの転院を余儀なくされている。現在の医療制度上の問題で、医者にもいかんともしがたい問題なのだろうが、生活にまつわる全体に介護が必要な患者さんやご家族には経済的にも精神的にも負担が大きいだろう。いわゆる社会的入院(家庭や老人介護施設等の空きがなくて入院すること)を防ぐために執られた処置がこのような交通事故被害者や蘇生後脳症の人にしわ寄せとなって現れている。何とかならないモノだろうか?

 第3章、第4章では交通事故被害者のその後が描かれている。高次脳機能障害という耳になじまない単語が頻繁に出てくる。一見、一般の健常者に見えるが脳の機能がダメージを受け「言語障害」として現れたり、注意力が不足し、以前のように仕事に就ける能力を失ったりすることがある。「見えない障害」といわれているそうだ。被害を受けた方の内面の葛藤はさぞや、と思う。医療技術の進歩が生んだ新たな障害であり、これから理解を求められる障害なのだろう。

 第5章以後は脳障害からの回復やリハビリについてがかかれている。また、最近よく聞く脳ドックの落とし穴についても。脳に若干の異常が見つかり、それを手術したがために新たな障害を受けたりする事例があるそうだ。リハビリ等の感想はまた、後日アップします。

 なんだかものすごく長くなってしまった。ごめんなさい。

 脳の障害に関しては様々な形態があり、きっかけもまちまち。今作のような事例には当てはまらなかったり、奇跡といわれるような回復例もあるかもしれない。それぞれの患者さんやご家族の背景も様々で同様の対応は取れない場合も多いだろう。出会う病院の医療技術の問題もあろうし、技術はあっても心が伴わない医療機関もあるだろうし、市井の病院にも心を込めて介護するところもあるだろう。運にも左右される。多分、正解なんてない。しかし、一般の人が興味関心を持つきっかけの本としては良いのではないだろうか?知識を収集しておくのは悪くない。無関心が一番の罪なのかもしれないのだから。ちなみに今作は大阪のいちごいちえさんのブログがきっかけで知った。脳の障害に詳しくない私もいちごさんのブログのおかげで色々と知ることができました。快く、リンクを貼らせていただいたことに、感謝いたします。いちごさんとご家族に良いことが起こりますように、お祈りしています。

脳障害を生きる人びと—脳治療の最前線

| | コメント (2)

先日のカフェ部〜はむら茶屋〜

先日のカフェ部〜はむら茶屋〜
岡山にでてきました。最近背中が痺れるから,整骨院にGO!行く前に時間があったから,天地下へ。いつもなら辻利へ行くけど,今日ははむら茶屋に挑戦。あ,ランチとかもあるんだ!今日はCAFEタイムなので甘味にしよ♪カウンター席だから1人でも利用しやすい。白玉くるみソースとコーヒーをセレクト。持参の本を読みながら、ゆったりと待つ。このくるみソース、まったりとしていておいしい。そして下にある抹茶アイスがおいしい。食感はシャーベットに近い。抹茶が濃くていい感じ。基本、私は抹茶好き。温かい飲み物がコーヒーのみなのが寂しかったけど、やっぱ和カフェもいいなあ。今度はランチタイムにも利用したい。あと、プリンがおいしそうだった。おみやげ用もあったし、機会があったらまた行きたいな。おすすめです。

<CAFE>☆☆☆☆★はむら茶屋

| | コメント (0)

脳内メーカー~正面バージョン~&脳内相性メーカー

 もともと友人Nに教えて貰った脳内メーカーですが…正面バージョンというのも、発見!これも相当面白いですよ…本名では、私の脳内は恋&悩でできているそうで。恋で悩みたいわ!!!!他にも、死亡推定時刻が出ます。ちなみにハンドルネームで行くと、愛で一杯の女に。良いやつじゃん!わたし。

あ、脳内メーカーの相性占いもあるのだ。脳内相性メーカーという。Nとonomotの脳内イメージ

Nとしてみた。うーん、友情だわ?頭の中にはHはないので安心して、N。私と友人のちかちゃんの相性はこうです。…こわ、いろんな意味で。ちなみにちかちゃんとと旦那ちゃんは…

onomotとちかの脳内イメージ

だんなちゃんとちかの脳内イメージ

金目当てだったのか!ちかちゃん!!!

 さて、音楽ファンのために!成分解析占いに面白いのがあった…

ELLEGARDEN解析機

onomotの82%は朝の日差しで出来ています
onomotの7%は競馬狂で出来ています
onomotの5%はお疲れィ!で出来ています
onomotの3%は高橋宏貴 で出来ています
onomotの3%は細見スイッチで出来ています

RADWIMPS成分解析機

くるり成分分析

 他にも木更津キャッツアイやBUMPも…うーんはやりなのか

| | コメント (5)

先日の人のお家カフェ部~ウォールウォーレン~

 友人Nが出産、里帰り中なのでみんなで訪問。二人目の子供で、第一子、女の子・第二子、男の子という家族。うーん理想的。

 お家にお邪魔すると…お姉ちゃんのカホちゃんと弟のヒロキくんはお休み中…カホちゃんの顔をのぞき込むと…目覚める直前だったらしく、大泣きされてしまった!ごめんよ…そりゃそうだ。安心して眠っていたところを知らない人に顔をのぞき込まれりゃ泣くわ。あーあ、カホちゃんにもおみやげ買ってきたのにさ。私も第一子。弟くんにプレゼントするならお姉ちゃんもだろう!勝手なこだわりです。お祝いは弟くんには帽子・オーボール(インターネットで話題のボールらしい。全然知らなかったけど。確かに小さい子でもつかめるボールだわ。)・ワニの指人形。お姉ちゃんには緑のボーダーワンピ。まわりに小さい子がいない私は、子供服のサイズが分からないのでA,V,Vでお姉さんに聞きながら…友達は洋服のセット。これがさわやかでかわいい。あー、子供服ってかわいいのね。既に母の友人Sは「自分の服は全然買わないけど、子供服は一杯買ってしまう」そう。二人の子供はとてもかわいくて、何時間顔を眺めていても飽きなかった。とってもちっちゃいサイズの手に爪…こんなに小さいのに手相まであるのね。友達の子供は格別かわいい。どうか、幸せな人生を歩みますように。

 さて、今日のお持たせは真備のウォールウォーレンのチョコレートロールケーキ&焼き菓子。甘さ控えめでおいしい。前に食べた和三盆のロールケーキもおいしかったけど、こちらもスタンダードにおいしい。ウォールウォーレンの店の中は甘いにおい。すごーく癒される。気になったのがほろほろクッキー。抹茶や紅茶、なんと竹炭味も!竹炭は売り切れていたので残念ながら詳細は分からない。なんだか口溶け良さそう。次回いったときは手に入れるぞ!

 Nの妹さんが買ってきてくれたプリンもおいしかった。じゃんけん一番勝ちの私はいちごプリン。二番勝ちのSがなめらかプリン。他の二人は普通のプリンを。どれもおいしい。どうも妹さんは倉敷の朝市で手に入れたらしい。どこのだろう?知りたいな。情報求む!

 その席で話題になったのが、倉敷バーガー。入手困難らしい。どこに行ったら食べられるの?どんな味なの?

<CAFE>☆☆☆☆★ウォールウォーレン

| | コメント (0)

くるりライブ~倉敷市芸文館~

 行って来ました!開演10分前に到着。あれ?当日券が出ているよ…めずらしいなあ。今回の席は1回13列目。端だが、見通しはかなり良い。良い席を取ってくれたNに感謝。開演前のわくわく感。これがライブの醍醐味だ。

 今まで行った、くるりのライブは総立ちが当たり前だった。ライブハウスならそうなるけど、今回はホール。しかも「ワルツを踊れ」というアルバムはクラッシックを取り入れたアルバム。いきなり拍手で始まるし、演奏者の人々はお辞儀するし、岸田、佐藤両氏はジャケットを着ている。コーラスの人は男女織り交ぜて3人。サスベンダースと紹介されていた。かわいい。今回はお客が席に全員座っている…他の会場でもそうなのか!?でも違和感なし。いいのだ。そういえばスガシカオのライブも座っている人がいたもんなあ。爆音の好きなNはとまどっていたけど。スタートの曲は「恋人の時計」。アルバムの中でも結構好きな曲。「THE WORLD IS MINE」の中の「砂の星」もした。これ、ライブで初めて聞くなあ。佐藤くんのコントラバス(?)が見れた。かわいくて好きな曲。うれしい。アルバムを中心に進む。途中MCを挟むが、岸田くんは今日、ゲ●で体調不良らしい。入院も勧められたそう。大丈夫か?ちなみに子供のころに倉敷に来たときも●リになったそう。ちなみに倉敷で食べ物に当たったわけではないそうで…ライブの時は全てを忘れられるみたいだけど。早く治してね。佐藤くんのグッズの販促もあった。恒例なのかな?前行ったライブも同じ様なことしてたもの。今回のグッズは音符やト音記号がモチーフで普通にかわいい…何か買うぞ、と決意する。そして、京都で行われる京都音楽博覧会の宣伝もあったよ。途中で15分の休憩が入る。こういうライブは初めてだなあ。

 後半は「ブレーメン」(名曲!)からスタートし、「ロックンロール」や「ばらの花」、「ワンダーフォーゲル」など昔の名曲が目白押し。ロックンロールの「あなたを思う本当の心があれば 僕は全てを失えるんだ」という歌詞が大好き。失える、というのがポイント。全てを得られるなんて嘘くさい。

 どちらかというと「青い空」とかみたいな爆音系ではなく、メロディラインが豊かなモノが多い。私は「サンキュー マイ ガール」ははじめて生で聞いたかも?でも、さすがにみんな立ち上がっていた。おとなしい周りの人を後目にノリノリで行った。楽しんだモノ勝ちだもんな。今回はコーラスに女性ボーカルの人がいるので「ばらの花」などホントに良いなあ。シングルではフルカワミキが担当したのコーラス部分がいい感じに聞こえて。途中のMCで岡山名物を質問。「水島臨海鉄道」と答えた人がいた。鉄道ファンの心理をつく良いせりふだ。岸田くんは廃線になった下津井電鉄について熱く熱く語っていた。下津井電鉄は新幹線の半分ほどのレールだったそうだ。瀬戸大橋開通記念メリーベル号も…地元民でも知らないぞ…さすがタモリ倶楽部ゴールド会員…ライブは最後まで穏やかに進む。アンコールのラストの曲は「東京」。沁みます。

 ライブに行くと普段聞いているCDに色が付く。こういうところが良いのだ。今回のライブを聴いて思ったのが、今作は岸田繁と佐藤征史のアルバムということ。豊かなメロディと、確かなベース。私がくるりを気に入っている、心地いい音の反復が今回はベースで感じられた。今まではギターで感じていたのだけれど。やっぱし良いなあ、くるり。チケットを取ってくれたNありがとう。Nは「ハム食べたい」を聞きたがっていたが、やったでしょ?エロくていい曲だよね。くるりライブの前日にセットストックにいったというのに、付き合ってくれてありがとう。

 ちなみにツアーグッズは1500円のストラップを買いました。音符が普通にかわいい。また、写真アップします。岸田くん打ち上げ参加できなくて残念そうだった。でも体調を治して残りのツアーをがんばって欲しいモノです。今回アンコールがおとなしかったのはアルバムの雰囲気もあるけど、岸田くんの体調不良もあるかな?もちろん十分に楽しんだけどね。また、岡山に来て欲しい。

<MUSIC>☆☆☆☆☆くるり「ふれあいコンサート」

| | コメント (0)

にんにくやで

 友人Aと中庄の「にんにくや」に行って来た。パスタを食べたい気分だったので…クリーム系パスタがおいしかった印象があったから、きのことベーコンのクリームパスタを注文。セットにしたので1200円くらいだったかな?どっちかというとパスタは昔の印象が強すぎて、むちゃくちゃおいしい!とは思わなかった。普通にはおいしかったけど、記憶の中で美化しすぎて…前菜やサラダは十分おいしかったので、値段なりの価値はあります。飲み物も付くので夜ごはんにはいいよ。場所は旧2号線沿い、川崎医大手前。倉敷方面から行くと右手。余談ですが、ここのカレーはスパイシーでおいしい。おすすめ。

<EAT>☆☆☆★★「にんにくや」

| | コメント (0)

ユーチューブで

 くるり発見。広島のローカル番組にくるりが出ていたときの映像があった。ユーチューブは賛否両論あると思う。著作権とかね。それも分かるけど、ローカル番組とかは見られないからね。うれしかった。出演者は奥田民生にケミストリーにくるり。広島カープのカルトクイズをしていた。うーん岸田くんの広島カープ愛のおかげで出演したのかしら?堂珍・奥田両氏もカープファンだし。ベース投げとかでしてた。監督のベース投げにちなんで。ちなみにくるりで投げたのはベースの佐藤くんでした。クイズはカルトすぎて全然分からなかったけれど。見れる人は見てみてね。

| | コメント (0)

先日のカフェ部~ 癒味庵(ゆうみゃん) ~

 友人Sちゃんと旅行相談のためカフェへ。ずっと気になっていた「ロハスカフェ癒味庵」へ。中庄のマルナカマスカット店の道を挟んで、目の前のマンションの1Fにある。店内はすっきりとしてきれい。結構席数はある。窓辺には竹と短冊がある。願い事がかけるらしい。実は行ったのは7/7。七夕の日だった。

 注文したのは「雪花氷」という台湾アイス。普通のアイスではなく、不思議な歯ごたえ。しゃきしゃきしているけど温度はそんなに低くない。冬でもおいしくいけそうだ。今日はSが金銀財宝(プレーンな雪花氷にマンゴーソース)。私は満天星(プレーンな雪花氷にチョコソース色とりどりのチョコレートがトッピング)。セットでハーブティ(多分ローズヒップとバラのブレンドかな?)。ハーブティ好きの私は違和感なし。おいしい。のみやすい程度の酸味が良い。雪花氷は大量に見える割にはあっさりと食べられ、しつこくない。溶けるスピードはゆっくりなので、焦って食べなくても良い。また食べても良いかな?

 会計の仕方が変わっている。食券システムなのだ。多分混んでいたので、食券を最初に買うのは免除してくれたみたい。店を出るときに食券を買い会計を済ませた。

 七夕ということで短冊を書いた。願い事は…内緒です。

  ロハスがコンセプトということで、ハーブティとかが多いのかな?

<CAFE>☆☆☆☆★ ロハスカフェ癒味庵 倉敷市松島1141-5

| | コメント (0)

今週の読書2「ハゴロモ」よしもとばなな(03新潮)

 あとがきでのよしもとばななのコメントが「青春小説どまんなか!」だそう。感想を率直に言うとおもしろかった。

 まず、表紙が美しい。表紙はよしもとさんの本の装丁をよくされている、増子由美さん。繊細で簡素。

 あらすじは…長年の愛人生活を終え、故郷に戻ったほたる。祖母が営んでいるごちゃごちゃした喫茶店を手伝いながら過ごしている。色々なことに疲れ切り、エネルギーをなくした彼女がふらりと入ったラーメン屋は、母を病気で看病中のみつるが営むラーメン屋だった。みつるとほたるのゆったりとした不思議な交流が描かれている。

 よしもとさんの小説を読むとき休むということの大事さを感じる。満月やキッチンなどでゆっくりと元の方向に戻っていく主人公の姿が大好きだった。ハゴロモでも満月やキッチンで感じた感覚が戻ってきた。人は時に深く傷つき疲れるが時の流れの中でいつしか立ち直る。そういったことが救いになり、私は好きだ。また、食べ物の描き方がいい。みつるのラーメン屋は実はインスタントラーメン。何せ「趣味でやっている」店だから。インスタントラーメンでも丁寧に作っているからおいしいらしく、その描写が印象的。人の再生への過程は食べることから始まるのかもしれない。という気がする。

 深く傷ついたことがある人におすすめ。

<BOOK>☆☆☆☆★「ハゴロモ」よしもとばなな

ハゴロモ

| | コメント (0)

YUKIちゃん

 お気づきですか?うまいっしょに引き続きYUKIちゃんのブログパーツを張ってみた。ジュディマリ時代も好きだったけど、今のYUKIちゃんも大好き。大人の音楽だ。大切なモノを失った感覚みたいなのがしみる。でも失ってばかりではない、手の中にある物も確実にある。残るモノもたくさんある。そういう思いになる。えーい理屈抜きで好き。

 下のリンク2つは友達のブログ。ちかLIFEは新婚夫婦ちかちゃん夫妻の日記。ガンダム・懸賞・ご当地キティ・カフェ部(副部長なの)などなど。踊るアホウに観るアホウは音楽好きNのライブ日記。エルレガーデン・バースデー・キングブラザーズなどがよ良く出ている。自分もこの二つのブログはよく行くので、リンク張っておくと便利なのよ~。新たな楽しみです。

| | コメント (0)

今週の読書1「紫の履歴書」美輪明宏(04水書房)

 オーラの泉で人気の美輪明宏。何冊か美輪さんの本を読んだことがあるけれど、自分のことを書いているのを読んだのはこれが初めてかも?

 幼少期は詩仕立てで語っている。長崎出身で原爆に被爆。戦争以前の美しい長崎の姿や音楽に出会った学生時代。東京に出てきてからの歌一筋の日々。家族との対立。恋人との日々。美しい言葉で彩られています。簡素な文章になれていると過度に華美に感じるかもしれませんが、やはり華やかで読み応えがあります。文章の美しさは置いても、美輪さんの半生は波乱で一杯です。それだけでも読む価値有り。美輪さんの舞台を見てみたくなった。

<BOOK>「紫の履歴書」美輪明宏☆☆☆☆★

紫の履歴書 新装版

| | コメント (0)

来た!坂手洋二最新作!!

 劇団燐光群の最新作「ワールドトレード・センター」が秋に岡山に来るようです。詳細は不明ですが、燐光群のホームページにアップされていました。うれしい。期待度大です。秋になるのが楽しみ。ちなみに主宰の坂手洋二さんは岡山県出身。秋に岡山である、生涯学習フェスティバルの総合プロデューサーもつとめるそう。岡山県もなかなかやるなあ。

 「CVR」以来の岡山だろうか?「CVR」は傑作だった。今回も実際にあった話っぽいので、本当に楽しみ。坂手さんの作品は重いが、心に残る。決して、全ての意見に同意するわけではないけれど、例え、違う考えでも、本当に考えさせられるのだ。演劇にほとんど興味のなかった友人すら「CVR」を見て「次の坂手作品も見たい」と思っていくれたよう。よーし、秋までは仕事やめないぞ!こうして小さな目標を作り続けて、結局退職しない私であった…

 最近また胃が痛い。お医者さんの話、及び検査結果によれば、ピロリ菌の除去はできなかったそう。がーん。まあ仕方ないわ。できるだけ胃にいい食べ物を食べて養生します。誰か良い食べ物、教えてくれー。秋には新しい薬が認可されるそうなので、それまでストレスフリーな生活が送れたらいいな。ストレスは胃と十二指腸に悪いわ!

| | コメント (3)

先日のカフェ部~Bistro la Cachette (ビストロ・ラ・カシェット)~

先日のカフェ部〜カシェット〜

 岡山駅前で、カフェ部した。晩ご飯を食べた後の夜カフェでございます。

 ビブレ近くに最近オープンしたらしい…高田屋の下にある、カシェットというカフェへ。友人Nがいうには、チョコレートが充実だそう。インテリアも明るくおしゃれ…夜だけど雰囲気が明るいのがいい。どうも結婚式の二次会を終えた風で、店内はすいていた。まあ、夜11時近かったせいもあるかもね。近くに置いていた本もセンスがある。COCCOちゃんの絵本もあったよ。で、注文は私はアップルティを2人でチョコレートを4種類ほど…たくさん種類があって選ぶのにわくわくします。雰囲気もいいしゆったりできる…ちょっとチョコは甘かったけどね。ランチや食べ物メニューも多かったのでまた行きたいな。

<CAFE>☆☆☆★★Bistro la Cachette (ビストロ・ラ・カシェット)

| | コメント (0)

明和電機「ナンセンス=マシーンズ展2007」に行って来た

 明和電機…聞いたことはあった。兄弟のアートユニットという印象だった。それぐらいの知識しかないのに、友人Nに教えて貰って初めて展覧会に行った。場所は岡山のリットシティビルの中にある、岡山市デジタルミュージアム。今日は台風の影響で雨風が激しかったが、楽々行けた。何せ岡山駅と連結してるからね。長ーいエスカレータを上って会場へ。今日はライブもあった。ラッキー。…あれ、3人組?後で展示物を見ると2代目社長の土佐正道は35才で定年退社したらしい。現社長の土佐信道とあと二人は社員かな?ライブはかなり面白かった。最初はリズムを刻むコイ・ビートなどを使ったリズム系。飛び入り参加の小学生がいい味出してた。彼のおもしろさを引き出す社長のトークが良いのだ。社歌や愛唱歌も良かったけど、トーク&パフォーマンスが良いなあ。コメントも面白い。「最小の動きで最大の効果」とか。一度は見ることをおすすめします。

 展覧会そのものも面白かった。何に使うか分からない、というか使い道がないモノが一杯で。でもデザインはかっこいいんだな…中国だか台湾だかのバッタモノ(三和電機と書いてあった)も展示してあった。遊び心たっぷりです。そしてただでコスプレもできる。明和電機ワンピース、ジャンパー、事務員風ジャンパーも…私たちもしてきた。私は事務員風ジャンパーで。Nはジャンパー。コスプレ姿は撮影も可。本当に面白かった。時間があっという間にたった。こういう無駄なモノに一生懸命なのって好きだ。必要なことだけするなんて味気ない。うるおいは絶対必要だ!!!ちなみに8/19にも社長が来てミニライブがある。1000円でこれだけ楽しめれば十分。大満足。

<MUSIC>☆☆☆☆☆明和電機

| | コメント (0)

メガてりやき

メガマック
噂のメガマックのテリヤキを食べた!かなりのボリュームだった。一応警戒してポテトは避けておいた。正解だった…無事食べ終えたけど,かなりキツかった(^^;)飲み物とメガマックだけで1食分として満たされた気分…さて味はというと…テリヤキ好きの私としては有りですね、これ。何回も食べるのはきついけど、一度は食べてみても良いかも?

<EAT>☆☆☆★★メガてりやき

| | コメント (2)

先日のお家(?)カフェ部~くおーれ~

 先日、ぱすぽおとから帰るとき、隣の砂利の駐車場が目に入った。小さな看板が目に付く。こういうときはカンで勝負の私!インスピレーションのまま近寄ってみる。「米粉sweetsくぉ~れ」でした。どうも講習会中だったようだ…ごめんなさい。

 聞いたことはあったのだ。米粉でお菓子とは珍しいので。実はかつて県北部に住んでいたことがある私。新見市近郊の哲西町では、米粉パンを主婦グループが作っている。この米粉パン、できたその日に食べるのがおいしい。私は結構好きだったのだ。というわけで迷わず購入。職場で食べた。買ったのは梅酒ケーキ。梅酒!?と思ったけど意外に合う。何せ梅雨の季節、梅もおいしいというモノかも?この米粉ケーキ、日持ちがするのがいい。買った日から一週間位持った。小さめのシフォンケーキで1000円。たまには変わり種ケーキもいいかも、ね!?工房の場所は庭瀬のハローズを少し東に行ったところ。ホームページもおもちのようなので、そこでチェックするのも良いかも?ぱすぽおとの隣です。

<CAFE>? ☆☆☆★★米粉sweetsくぉ~れ

くるりの佐藤さんが亀岡市の観光大使に就任したらしい。一度だけ、園部に行く途中に亀岡に寄ったことがあるが、総社ぐらいの規模の町だろうか?という感じだった。とりあえずがんばれ亀岡&佐藤征史!

| | コメント (0)

お土産サンキューm(__)m

お土産サンキューm(__)m
 ちかちゃん夫妻から九州のお土産を貰いました!この九州旅行レポは楽しかった。いいなあバイク…かっこいい!!

 さて、大分のご当地ドラえもん(どこでもドラえもん)&お肌しっとり(?)馬油石鹸です。ありがとうm(__)m私はドラちゃん好きでもあるのでとても嬉しい☆大分はかぼすドラえもんのようです。キュートなり。ドラえもんは私の最も尊敬する男性の最愛のキャラクターだから…うれしいなあ。はっはっは、不純?早速ケータイに付けようかな?そして馬油石鹸で美肌になる!

| | コメント (2)

ラコスバーガー!ラブ!

ラコスバーガー!ラブ!
先日Nと「舞妓Haaan!」鑑賞。クドカンワールド炸裂。阿部サダの切れた演技はもはやだれも止められないんじゃあ…しかし、柴咲コウは歌うまい。グループ魂ともしっかりあわせてた。晩御飯。Nが大好きなラコスバーガーへ。岡山駅近く、磨屋町エリア。店のHPも簡単に検索できるから、ぜひ。かの有名なソープランド桃山近くだ。狭い店の中は人で一杯!窓際の席に座る。店の中はレトロでアメリカンでロックな雰囲気。シンボルマークもかっこいいんだな。今日はセット(1200円だったかな?)に決定。ドリンクはクランベリーソーダ。バーガーはラコスバーガーにした。なかなかおいしそう。ボリュームも十分。ポテトもおいしい。サラダもなかなか。ドレッシングがおいしい。ラコスバーガーはただのファーストフードじゃない。すごく手間がかかってそう。ハンバーグも手作りなのが分かる。ジューシー。アボガドが入っていて、合うんだコレ!パンももっちりしていた気がする。リピーターになっちゃいそう。いやーおすすめ。お手頃な値段で、十分おいしい!ドリンクメニューも充実していたから、酒を飲みながら…もいいな。

<EAT>☆☆☆☆☆ラコスバーガー

| | コメント (0)

ムボーな女、それは私。

 毎年恒例となりつつある、夏の旅行。今回も旅の連れは、友達のSちゃん。似たような職業なので、休みが取りやすいの。

 中庄のカフェで対策会議を練り(またカフェ部で紹介します)、①沖縄離島、②東北の順で計画。翌日JTBへ。正直、沖縄は難しい気がした。何せ8月だよ。しかも第3週。無茶も良いところ。無謀だ…本当は6月に動くはずだったんだけど、私の突発事項のため、動けなかったのよう。ごめんね。案の定沖縄は無理!で東北に行き先変更。東北はSちゃんのリクエストだったので、まあ良いか。私は湖の畔に泊まりたかったので、実はそれを満たせば、良かったのよね。でもまあ、それだけでプランを作るのは旅行会社の人に悪い…てなもんで、Sちゃんは自然があればいいそうなので、奥入瀬渓流・湖・白神山地に行くことだけ決めた。既に飛行機はかなり埋まっていたので、伊丹発-青森着、2泊して秋田発-伊丹着で決定。後はレンタカーと、宿泊先を手配した。とりあえず、十和田湖と田沢湖に泊まることに…ていうかホテルもかなり埋まっててそのくらいだったのね…でも、私の希望は満たしたぞ!

 よーしこれから、白神山地の勉強と体力作りだ!!

 おすすめの食べ物や場所があったら教えて!!!!

<余談>月一回のカイロプラクティクスに通っていた私だが、通っていたところを担当の人がやめてしまったため、3ヶ月以上も放置していた。結果クビが痛い、何となくだるい、疲れ目に腰痛、肩こりを常に抱える羽目に…まあ、我慢できないほどでもなく、絶不調とは言えない。やや、不調だった。遂に、担当の人が開業!しかも柔道整復士の免許も取ったので、保険が使えるようになった!万歳!スケジュールをチェックして、早速通うぞ!!

| | コメント (0)

お家カフェ部〜パティスリーシュクリエール〜

お家カフェ部〜パティスリーシュクリエール〜
ケーキを頂きました!岡山駅西口のリットシティビルの中にあるパティスリーシュクリエールの。イチゴの乗ったケーキとモンブランです。イチゴはカスタードも生クリームも甘さ控えめで土台かサクサク♪ホワイトチョコが飾りで乗っていてこれまでおいしい!モンブランは土台に薄いチョコ。これが栗と合っておいしい。かなりヒットです。おしゃれでありながら上品系。今度は自ら行きたいな!

<CAFE>☆☆☆☆☆パティスリーシュクリエール

| | コメント (0)

先日のカフェ部~ぱすぽおと~

 お腹をすかせたonomot(いつもか!?)。ランチできるところをさまよう…どうせならカフェ部ランチ編を決行することに…庭瀬のハローズ近くのぱすぽおとへ。かなり場所はわかりにくいのでまず、ハローズを目指すことをおすすめ。ハローズより少し東。ホームページもあるので、そちらを見るのもいいかも?お店の雰囲気はカフェというより喫茶店。2時近かったけれどお客さんがたくさん。幅広い年齢層だ。庭の緑もやさしくいい感じ。ここなら、一人の時も行けるな。お店の中はジャズが流れ木のぬくもりが感じられる…そして、雑誌のセレクトもセンスがある。クーネルとか島時間とかね。

 さて、本日はパスタランチを注文パスタとガーリックトーストで750円。+100円でサラダ付き。もう100円で飲み物付き。私は最近なぜかあまり食べられなくなったので、泣く泣くサラダをあきらめる…代わりに食後のコーヒーにした。カルボナーラにしたパスタは正直なところほどほど。でもコーヒーおいしい。今度はティータイム利用かな?

<CAFE>☆☆☆★★ぱすぽおと

| | コメント (0)

面白すぎる!占い?紹介

 いやー、久々に面白い占いを発見しました。いや、正確に言うと違う。友人Nおすすめ。脳内メーカーという占いです。アクセスが多すぎて、なかなか立ち上がらない。かなり重い。名前を入力するだけで超簡単!脳内イメージが漢字で表現されています。ちなみに私は…「悪」という字で一杯だった!!うそだろー。しかも真ん中に「寂」という字…どんな人間や。他にもバリエーションがあり、**ジャー(5レンジャーみたいな感じ)、**市、**Tシャツ、**部屋(相撲部屋)、**高校…。ちなみに**には名前が入ります。ものすごくばかばかしい設定を詳しく説明してくれてます。いやー、訳わからなすぎて面白い。ちなみに私の決めぜりふは「やればいんでしょ、やれば!」でした。あってるじゃん。とにかく、論より証拠。やってみるべし。ちなみに…onomotの脳内イメージ

| | コメント (0)

最近の読書~後編~

・「氷結の森」熊谷達也

・「かづきの方程式」かづきれいこ

・「名もなき毒」宮部みゆき

・「スタイルノート」槇村さとる

 「氷結の森」はシリーズ最終作。舞台は日本を出て、樺太・ロシアまで。主人公・矢一郎は秋田の元マタギ。徴兵を経て、秋田に戻るも親友と妻に裏切られ、様々な曲折の後、マタギを捨て、樺太に渡る。矢一郎を追う者から逃れるため…彼を取り巻く女性も魅力的。自立した食道の女将香代、現地の女性で一途な美少女タイグーク。対照的な二人のいい女が矢一郎の魅力を引き立てる。ただ、前作に比べると若干印象が薄い。でも十分に楽しめる。

 「かづきの方程式」はフェイシャルセラピストのかづきれいこのエッセイ。なかなか面白かった。パワフルなかづきのルーツが分かる。ちなみに私、かづきれいこさんの講演会に行ったことがある。講演会の方が面白いかな?(^_^;)彼女の元気さはパワーがもらえていい感じです。メイクしたくなるよ?近場でないかな?教えてくれるところ…

 「名もなき毒」は宮部みゆきの最新作。相変わらず外れ無し。主人公杉村はサラリーマン。妻・菜穂子、娘・桃子の3人暮らし。一つ普通でないことは日本有数の今多コンツェルンの婿だったのだ。ただし、菜穂子は正式な妻の子でないため、飼い殺しの状態だが、杉村はそれに満足している。杉村の女性アシスタント原田いずみがトラブルを起こしたため、その調査を私立探偵北見に依頼した際に、祖父が無差別殺人に巻き込まれた少女・古谷美知香に出会う…今作の毒とは、私は人の悪意、だとおもう。しかしその悪意もいつだれが持つか分からない…その当たりにこの作品の怖さがある…

 漫画家槇村さとるのエッセイは面白い。彼女自身が相当な美人のせいか、非常に説得力がある。特におしゃれや美容の分野は…まあ、なかなか手が出せないブランドもあるけれど、美意識はかなり参考になる。私も、かっこいい40代を目指すぞ!無理か!?

| | コメント (0)

最近の読書~前編~

 今回は掘り出し物編。

・伊坂幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」

・畠中恵「おまけのこ」

・熊谷達也「相剋の森」

・岸朝子「沖縄時間」

・佐藤和歌子「間取りの手帳」

 ほぼ、当たり!映画化もされる「アヒルと鴨のコインロッカー」。伊坂独特の語り口が心地よい。主人公の3人の関係が微妙で、しかし、ほほえましい。河崎、ドルジ、琴美の3人のキャラクターが魅力的なのだ。ラストが良い。悲しくて、さわやかで、辛くて、幸福なのだ。涙がにじむ。

畠中恵のしゃばけシリーズは本当に面白い。中でも気に入ったのは「こわい」と「おまけのこ」。こわいは孤独な妖怪こわいが話の中心。ラストはかわいそうで切ない。こわいが今も孤独でないと良いのに…おまけのこは鳴家が大活躍。若旦那との絆の深さにほろりとします。

「相剋の森」は「邂逅の森」の前の話のよう。舞台は現代。しかし出発点は「邂逅の森」。ぜひ「邂逅の森」を読んでから読むことをおすすめします。読み応えがあり、主人公の美佐子は読者の視点として入りやすい。

「おいしゅうございます」で有名な岸さん。ルーツは沖縄にあったよう。意外…かなり読みやすいのであまり、頭を使いたくないときに良いかも?

究極の掘り出し物は「間取りの手帳」本自体は不思議な間取り図とインタビュー。むちゃくちゃな間取り図ばかり。住んだらいらつくと思う。でも面白い。全然参考にはならないけどね。インタビューではくるりの岸田繁が登場しいてます。なんだか妙にぴたりの人選。むかし岸田くんが住んでいた家は変わっていたと聞いたことがあったけど…すっごく狭かったようだ。 

| | コメント (0)

お宅訪問記(後)~ブレルの上海ロール~

 ランチを食べた後は、Y宅でゆったり。ラブソファが気持ちいい。時間は前後するけど、食事前にDSで脳トレを実施。私の脳年齢は…40歳代…がーん。しかし、言い訳!じゃんけんをするときに、つい「えー、ちょき」といってしまう。この「えー」がいかん!!「もう一度言い直してください」といわれる!これがなければ…って強がりです。常識力チェックもした。こちらは問題なく、立派な常識人!!ははは参ったか!DS欲しくなったなあ…ちなみにY宅でDSを使った人はかなりの確率で購入するそう。分かるわ、それ。

 かなりの量のランチを平らげたので、お腹がすくまで時間がかかりつつもカフェ部だ!本日はブレルのロールケーキ。花尻で購入。最近さんすてにもできたし、シネマタウン岡南にもあるし、がんばってるなあ。いつも前を通ると「ロールケーキ売り切れました」の看板があるので、気になっていた。10時位にブレルに行くと…お?モーニングもあるんだ!今度行ってみようかな?もちろんロールケーキもある。マンゴーと上海ロールのどちらかでちかちゃんと悩む。Yが食べれると信じて、抹茶生地で中身が杏仁豆腐の上海ロールをセレクト。Y宅でYが切り分け、減肥茶でいただく。おいしい。杏仁豆腐がふわふわでベストマッチ。杏仁豆腐は甘すぎないので良いのだろうな…また、食べても良い!というレベルでした。

 ちょっとしたアクシデントで、少し早めにY宅を出た。とても楽しかった!今度はYとちかちゃん宅訪問だ!

  そして次の楽しみは、くるりのライブ。Nのおかげで取れたありがたーいチケット。もちろん既にSold Out!!です。行きたい…7/23・倉敷市芸文館です。もともと一緒に行く人が行けなくなったので、誰か友達よ、一緒に行ってくれ。

 嵐すげえ。今東京フレンドパークを見ていたら、二宮和也・桜井翔ペア出演。グランドスラム獲得の上、最後のダーツでたわし2個、デジタルビデオカメラ2個、パジェロ2個…あり得ない。でも、視聴者プレゼントがたわしなのは…どうなの?やっぱジャニーズは引きが強いわ。山田太郎物語ヒットするか、大コケかどっちかしかない気がしてきた…どっちだろう?ちなみに原作者は愛する岡山県出身です。

<CAFE>☆☆☆☆★ブレルの上海ロール

| | コメント (2)

お宅訪問記(前)~サンマルクにもいきました~

 本日は結婚後初めて(私じゃない)、友人ちかちゃんと友人Yの家へ訪問。岡山市内の非常に便利なところに住んでいるY。行きがけにブレルのロールケーキを買う。お持たせも万全だよん。結婚式の写真を見せて貰う。なかなか凝っています。特に最後のウェディングドレスでのジャンプ。ものすごい跳躍力だ…前取りをしたそうで、かなり色々なポーズや表情を要求されたそうで、ものすごく疲れたそうだ…1日がかりだったそうで…でも疲れた甲斐あるよ。すごい見ごたえあったもん。結婚式ってたいへんね…ちなみに一緒に行ったちかちゃんも新婚さん(?)。キャベツ畑ウェディングに写真も出たそう。見たいよう。今度見せてね。ちなみにちかちゃんと旦那ちゃん、新婚夫婦日記を書いてます。カフェ部副部長さんでもあるので、カフェ部情報もあるよん。興味がある人はどうぞ~。他にも懸賞日記や旦那ちゃんシリーズ(と私が勝手に名付けた)ご当地キティも面白いよ。

 さて、乙女ランチはサンマルクの原尾島店。ビラドソレイユやデオデオのある通りにある。レディースランチ~2100円也~で贅沢します。会話がかなりごちそう。雰囲気もいいし、ゆったり。さて、食べ物は前菜のサーモンのマリネが美味。前菜は2種類からセレクト。主菜は5種類からカツレツを注文。パン粉が極端に薄くて、でもさくっとしていてうまい。ソースもしつこくないしね。それにしてもパンのサービスがすごい。焼きたてのパンを次々とお勧めされるのだ。食べ放題!!特においしかったのはトマトとバジルのパン。蓬パンも美味。さすがパンが売りの店…いいよ~。デザートはブランマンジェとハーブティー。ブラマンジェはあっさりでおいしい。ハーブティはミントでした。ポットサービスなのでゆったり。ちょっと贅沢したいときにはおすすめの店です。

<EAT>☆☆☆☆★ベーカリーレストランサンマルク原尾島店

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »