« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

自虐の詩を見てきた。

 映画「自虐の詩」。ひそかに注目していた映画を見てきた。堤幸彦が監督で中谷美紀・阿部寛が主演なら、みたいでしょう!(ケイゾク・トリックのファンですから)いやー私にはあたりです!

 粗筋は・・・・森田幸江は葉山イサオと同棲生活中。激しく貧乏で不運な女だ。子供のころに母親に捨てられ、中学時代に父親が逮捕され、友達は熊本さんのみ。東京では体を売り生活していた。そこをやくざで男気溢れるイサオに助けられる。一緒に暮らし始めたがイサオはまるで働かず、ヒモ生活だ。けなげに働く幸江だが・・・

 映像が堤監督チックでいいなあ。特にちゃぶ台投げ!スローで、でも阿部寛の表情は変化なしでいいわあ。阿部寛はいいなあ。パンチパーマがあんなに似合う人はほかにパンチ佐藤と尾藤イサオぐらいでは?かっこ悪いのにかっこいい!そして、中谷美紀。相変わらずきれいですが、姿勢からして猫背気味になっていて不幸ムードを漂わせているところが上手。二人ともうまい。私は原作を読んでいないけど、相当面白いのでは?と思った。行こうかどうか迷っている人がいたら、行ったほうがいいですよん。

<MOVIE>☆☆☆☆★「自虐の詩」

| | コメント (0)

先日のカフェ部~cafe the Roots~

 先日、副部長と部活してまいりました。前から気になっていた「cafe the Roots」。中庄駅の裏手にあります。駐車場が広くて、車ユーザーにはうれしい店。ゴリラさんが店のマスコットらしく、目立ちます。キュートだ。

カフェ部

 店内は天井が高く開放感あり。客層も結構いろんな年代の方がいる。夜の時間帯だったので、プレートセットをセレクト。他にもパスタ・カレーのセットがあった気が・・・この日のプレートセットは角煮丼。見た目と違い、意外に量があり。カルパッチョとサラダ、スープが付く。どれもおいしいです。器が機能的そう。

 一番注目なのはデザート。ベリー系ゼリーとゴマアイスがおいしい。これにドリンクはメニューの中のどれを選んでもいいという点がポイント。私はウィンナコーヒーをセレクト。どうやら、コーヒーにはこだわりがあるみたいだったので、普段は紅茶派の私も迷わなかった。いい味だった。場所的にも、雰囲気も素敵なので、また行きたいなあ。

<CAFE>cafe the Roots☆☆☆☆★

さて、どうも昨日10000アクセスを突破したようです。やっぱり、一区切りということでうれしいなあ。ちなみに、11月11日に1周年。時間が経つのは早いものです。

| | コメント (0)

今週の読書「ホームレス中学生」田村裕(07ワニブックス)

 麒麟の田村の本を読んでみた。TVで耳にする田村の貧乏エピソードはかなり圧倒されるものだった。なので、迷わず購入。書店には売り切れで、二店目にして手に入れた。本に書いてあるエピソードも負けず劣らず・・・冒頭の一文が「家が無くなった」だ。ある日突然家が差し押さえられ、家族全員が父の「解散宣言」とともに離散。解散宣言というのが大阪的だよなあ、と思う。悲惨なのに、どこかしらおかしみがある。宣言しないで蒸発してもおかしくないのに。それからは兄弟3人がそれぞれ公園でホームレス生活を送ることになる。

 それぞれのエピソードは細かくて、笑える。鳩のえさのパンを食べたり、ダンボールを食べたり。けれども、それがすべてではなく、むしろ、田村少年を囲む周りの人の温かいエピソードがほほえましい。素敵な先生に出会い、無気力を克服したり、友達の両親が中心になって、兄弟が一緒に暮らせるように力を尽くしたり・・・感動でほろりとくる。決して上手な文章ではないが、伝わるものがある。ベストセラーになるのもわかる!

<BOOK>☆☆☆☆★「ホームレス中学生」田村裕

ホームレス中学生

| | コメント (0)

コンビニご飯

コンビニご飯
 私はあまりコンビニご飯はしない…仕事で移動時間が惜しく,この前久々にファミマで昼ご飯調達!おにぎりの棚で気になる商品発見☆ラーメン味のおにぎり!?新商品か…サッポロ一番の醤油味はゆで卵がトッピングしてある。味噌味はチャーシューがトッピング。どちらの味も結構濃い。たまにならいいかな?他にもお茶とヨーグルトで簡単なお昼終了。+αでチロルチョコも~。たこさんお勧めの京きな粉の黒蜜仕立て。これはとってもおいしい。たまにはコンビニご飯もいいかな?

<EAT>サッポロ一番☆☆☆★★

| | コメント (0)

やまと~説明不要かもね・・・

 やまと

 やまと、大好きです。岡山で私が一番好きなラーメンかも?用事で岡山に行きましたが、おもわずふらふらと侵入。シンフォニー裏をうろついているときに吸い込まれていってしまった。これはチャーシューメン。昔は五目そばと中華そばの2種類くらいだったけど。行ってみたら「半麺」「野菜炒め」「チャーシューメン」など種類が豊富になっていた。尾道ラーメンを思わせる背油(違っていたらごめんなさい)、ダシ・・・懐かしい味・・・本当にお勧めです。

<EAT>☆☆☆☆☆やまと

| | コメント (2)

ご当地ガチャピン~静岡限定編~

007 茶摘み娘ガチャピン。お茶を運んでくれてます~。なかなかキュートじゃ。これまた、ちかちゃんからもらっちゃいました。静岡は一度出張に行ったことがあるけど観光はしたことがないな。行ってみたいものです。ちなみに緑茶ファンです。ちかちゃん・旦那ちゃんありがとう。

| | コメント (0)

ご当地ガチャピン~大阪編~

003 005

これも、ちかちゃんからもらっちゃいました。かわいい。たこさんからもたこ焼きドラちゃんをもらったのでよけいにうれしい。ちかちゃんありがとう。たこ焼きの船に沈んでいます。

| | コメント (0)

ご当地ドラえもん~富士山限定~

006 ちかちゃんから頂きました~。キーホルダーです。台紙には(映っていないけど)ドラミちゃんもいます。芸が細かい。細かいついでに・・・富士山の下には富士山標高3776メートルと表示されています。

| | コメント (1)

探偵ナイトスクープの・・・・

 DVDにはまってしまった・・・やばすぎる。うっかりゲオで見かけたのが運のつきでした・・・DVDの4まではあったので、全部一気に(2週間かけたけど)見てしまった。

 「謎の爆発卵」やら「母乳でケーキ」やら懐かしいものが目白押し。当時も衝撃的だった「マネキンと結婚したい」も面白かった~。というか、かなり不気味だが。ちなみにマネキンと結婚した方は離婚して人間の男性と結婚したそうだ。そりゃそうか。私のお気に入りは「大和川をボート通勤」。以前私も長距離通勤をしていたので、まっすぐ行けたらどれだけ楽だろう!と思っていた。いやー依頼したおじさんのキャラがいいです。笑いまくった。

 探偵陣も懐かしい顔ぶれ!現在もいる北野誠、間寛平、桂小枝、石田靖、長原成樹は勿論、越前屋俵太(着ぐるみが好きでした)、清水圭、立原啓裕、トミーズ雅・・・また、顧問も大好き!キダ・タロー、林先生(反応が面白い)。5巻以降がレンタルになったら、絶対見てしまう!!

探偵!ナイトスクープ Vol.1&2 BOX

| | コメント (4)

今週の読書「追伸」真保裕一(07文春)

 真保裕一さんの最新作。ちょっと変わった形態の長編。何しろすべての文章が手紙で構成されているのだ。最初はこういう形態を予想していなかったので「この往復書簡はいつ終わるのだ・・・」と思っていた。

 冒頭の手紙は奈美子から夫の悟へのもの。仕事の関係でギリシャに一人で暮らしている悟に対して、離婚を切り出す内容。当然夫は拒否するが・・・奈美子と悟は結婚後流産に見舞われ、その後、奈美子が交通事故に巻き込まれギリシャへの同行が困難になる。そのことも二人の関係に影を落としとている。二人の往復書簡は徐々に奈美子の祖母のことについて書かれていく。奈美子の祖母・春子は30代で夭折したが、その死の数年前、男性関係の事件を起こした。詳細は春子の夫誠司しか知らないが・・・誠司が倒れたことにより、物語は展開する。

 往復書簡のみで構成されているため、印象は新鮮。二人の視点で描かれているので少しずつ物語の全体像が明らかになっていく。その過程が面白い。しかし、手紙独特の文体のため、人物像がなかなか、明らかにはならない。その点が多少不満。真保さんの小説はキャラクターが魅力的なので・・・真保さんのインタビューです。時代小説にも挑戦しているようです。

<BOOK>☆☆☆★★「追伸」真保裕一

追伸

| | コメント (0)

今週の読書「生きてるだけで、愛。」本谷有希子(06新潮)

 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を見損ねた。なので、その原作者で劇団、本谷有希子の主宰者、本谷有希子の小説を読んでみた。本を手に取ると・・・なぜか葛飾北斎・・・失敗か・・・

 内容は短編が2編

 「生きてるだけで、愛。」

 「あの明け方の」

 「生きてるだけで・・・」のほうが分量が多く、こちらがメインかな?あらすじは、主人公寧子はうつ病で過眠症。編集者の津奈木のところに転がりこみ、現在はひきこもり中。津奈木が不在のある日、マンションに津奈木の元彼女で40手前のキャリアウーマン安堂がやってくる。寧子に津奈木と別れろというのだ・・・

 みんなキャラが立っている。寧子はものすごいエキセントリックな女だし(大体、全身の毛をそるところからして、相当、へん)、津奈木は何を考えているんだか分らない。安堂はいやがらせのためピンポン攻撃を繰り返す超嫌な女だ。こんな人物ばかりだったら、かなり、怖い。しかし、もともと脚本家であるせいか、舞台上に彼らが立っている姿をイメージしやすい。おまけに、話が転がるような展開。特に大きいことがないのに、次が読みたくなる感じ。どっちかというとエンターテイメントよりは純文学よりかも?と思っていたら実は三島賞と芥川賞の候補作だったそうだ。うなづけます。ただ、全体の色調は暗い。元気になりたいときにはお勧めしない。でも、面白いぞ。

 そうそう、北斎の絵が表紙のわけは、冒頭にあるよ。

<BOOK>☆☆☆★★「生きてるだけで、愛」本谷有希子

生きてるだけで、愛

| | コメント (0)

ER

 やばい・・・はまっている・・・・こんなことしている場合じゃないのにー!!!私にしてはついぞ、ないことです。かつてはまっていた「ER」。今、またはまってしまった。ずっと以前、実家に住んでいた頃、ふと、衛星放送で見た「ER」。面白くて毎週毎週楽しみにしていた。が、仕事の関係で引っ越しし、見ることができなくなった。(とんでもない田舎だったので、ケーブルテレビはおろかレンタル屋も車で40分離れていた・・・)一回は帰ったけれどまた、一人暮らしを始めてからは全然思い出さなかった。ところが、レンタル屋に入り「24」の隣にしっかりとある「ER」・・・眠っていた私の中の「ER」熱が上がってしまった・・・もはや私を止められない。

 「ERⅩ」の途中から見始めた。ER部長ロマノが亡くなったところまでは知っていたけれど、カーターに子供はできるは、アビーは医学部に復帰してるは、スーザンは妊娠するは、ケリーにもとんでもない転機が訪れるは・・・世間のペースは速い。もはや1シーズンからの出演者はカーターとスーザンのみ。スーザンは途中抜けているけど。本当にアメリカのドラマは展開が早いなあ。とりあえず現在、レンタル屋にある11シーズンを見終わるまで、退屈しなさそうです。

| | コメント (0)

先日のカフェ部~和三盆~

 久々の夜カフェに和三盆に行ってきました。前評判もよく期待感でわくわく。店内は混んでます。カップルと女性グループが多い。カウンター席に案内され、晩御飯をいただく。

 1500円で晩御飯のセットがあるので、お得感ありです。前菜が3品にスープ、五穀ごはん、かつのミルフィーユに飲み物をセレクト。前菜以外はさまざまな組み合わせで選べます。友達は丼ものを選んでました。ちょっと味が濃いがけどカツのミルフィーユはサクサクでおいしい。飲み物の黒ゴマのラテ(名前は黒ごまっちゃ、だったかな?)場所は卸センター近くの「AROW&DEPARTMENT」の1階にある。

 ここから先はいい話ではありません。読みたい人だけどうぞ。・・・すこしがっかり。期待しすぎたせいかな。カウンター席に生クリームが飛び散ってそれを拭いてくれない・・・器は見えるところが大きく欠けていた。満足はしたけどもう一回行くことはないかも、ね・・・・

<CAFE>☆☆★★★「和三盆」

| | コメント (0)

ご当地ドラえもん~大阪編~

009_3   

 たこさんよりいただいた!大阪お土産の新入りドラちゃんです。たこ焼きのかぶり物がキュート~。通天閣を被った子もいたそうですが・・・クリーナー付きで、ちょっと実用的なところがポイント。

| | コメント (2)

うどんおよべ岡南店で!

うどんおよべ岡南店で!

 うどんおよべの岡南店に行ってきた。場所は清輝橋の少し南。北から南に向かって走ると左手にある。駐車場はそれなりにある。店構えは和風。きれいにしてある。入口には紅葉。ちょっとおしゃれ。中には「プラグ」のフリーペーパーなどもあり、しばし待つ。お客さんはいっぱい。期待感に胸が膨らむ。待っている間にメニューを見て注文。麺の量を聞かれる。どうも、無料で麺の量の調整ができるらしい。892円と、ちとお値段が高いが煮豚野菜あんかけを注文。

 私は基本的にうどん好き。コシが強くて太い麺が好き。およべのうどんはちょっと細め。麺で勝負の讃岐うどんとは違い、さまざまな味付けで勝負!みたい。これはこれでありかな?たこさんはいなかうどんを注文。ぶっかけ風だが、たまご、おぼろ昆布など具がいっぱい。私のはすごくやわらかいお肉に細いもやし、ねぎ、生姜、白菜など野菜たっぷり。さて、お味は、おいしーい。基本的に早食いの私。うどんなど一瞬!ですが、あんかけはすごくアツアツなのでゆっくり食べました。器もなかなかかっこよく、とにかくおしゃれで味付けの豊富なメニューで他にも食べたいものがいっぱい。カレーうどんは人気メニューみたいだし。活気があって若々しい雰囲気のお店なので、また、いきたい!

<EAT>☆☆☆☆★うどんおよべ岡南店<3号店みたい>

| | コメント (0)

歩きすぎて筋肉痛~広島出張記②~

 2日目。かなり、疲れて爆睡ZZZ。アークホテルのバイキングで朝食をとる。あまり種類はない。ちょっと悲しい。

 午前中は分科会に行き仕事をした~。たまには勉強もいいもんです。 (ていうか本当はこっちがメインなんだけど)

 勉強後は遊ぶぞー。ということで、広島に行ったらぜひ食べたかった広島名物つけめんを食べることにした。これまた、下調べしてあった広島駅新幹線口の「ばくだん」へ。しかしエールエール近くの地下連絡通路を通って新幹線口へ。待ち時間を持て余すのが嫌で古本屋で文庫本を一冊購入し、「ばくだん」へ。店内は来客のメッセージが壁一面に・・・とりあえずセットの「ばくだん」を注文。1200円也~。内容はつけ麺・杏仁豆腐・ばくだんむすびの3品。一応個別で注文するよりは若干安い。量は満腹になる。さて、つけ麺ですが中華めんの上にゆでキャベツ・きゅうり・ネギ・味玉・チャーシューが乗る。つけだれにはいりごまたっぷり。トウガラシがどっさり。辛さは2倍にしておいた。(辛さは選べる)↓全体像はこんな感じ。003お味は、なかなか。ゴマがかなりあう。辛さはもうちょっと増やしても良かったかなあ?つけ麺はつるつる入るので、おにぎりがあってちょうどいいかな。このおにぎりは韓国のりで巻いていてあり、おいしい。また、行ってもいいかな~。008_3

 とりあえず、帰るまでに買い物~。もちろんお土産も買う。写真はそごうの地下の「櫟」のワッフル。10個入。種類が全部違う。おいしそう~。職場のお土産にする。楽しみ楽しみ。(そのほか、カープサブレも買った。こちらはかわいいお値段)そして、エールエール地下の雑貨屋で買った文房具。自分にお土産のスワンの鉛筆削り。超キュートで思わず買った。他にもなんぼか。全部文房具です。

 今回はひとりでふらふら。こういうのもたまにはいいなあ。しかし、残念なのはアンデルセンでカフェ部できなかったこと!!リベンジに行きたい!!!さて、当然カフェ部もした。また、レポートします。

<EAT>☆☆☆☆★「ばくだん」

<CAFE>☆☆☆☆★「櫟」(後日食べました。結構おいしいよん。お土産にはぴったり!)009_2

| | コメント (0)

今週の読書1「リスク」井上尚登(02世界文化社)

 井上尚登さんの短編集。「T.R.Y」や「キャピタルダンス」も好きだったので挑戦。

 「お金持ちになる方法」

 「住宅病」

 「十五中年漂村記」

の3編。一番気に入ったのは「十五中年漂村記」。リストラされた社員とその家族、同僚の逆襲記である。それにしてもリストラされた人は身近ではあまりなく、少しショック。「こんなこと言われたら、私は辞めちゃうな」というような内容・・・しかし、文体やキャラクターにおかしみがあり、悲惨さとは無縁。すべての作品に言えるが、平易な言葉で株(「お金持ちになる方法」はまじめ一筋の主人公の父が亡くなった。その後退職金を株式投資に費やしていたことを知る。父の気持を知りたくて、主人公は株を始めるが・・・)や住宅(突然、1年後社宅がなくなることを知った主人公一家。家を手に入れるため、勉強を始めるが・・・)の投資について題材にとりいれている。経済は苦手だが、これだけわかりやすく書いてくれると、一端は分かった気がする。多少、小粒である感は否めないが、お勧めの1冊!

<BOOK>☆☆☆★★「リスク」井上尚登

リスク(RISK)

| | コメント (0)

心配ご無用!? 〜広島出張記①〜

広島に来た。仕事絡み…案内にあった文句は「心配ご無用!」かえって心配ですって!頼んでもいないに飲み会も参加に設定されてた(^^;)ホテル,朝食も!参加者の年齢構成は45くらい…基本的に知らない人との団体行動よりは単独ふらふら行動が好きな私。ホテルくらい一人で取れるしご飯だって楽しめるんだけどなあ。

まあ行くからには私なりに楽しむことにしよう。というわけで音楽を大量に準備して高速バスで広島へ…岡山駅からも出てるけど、お土産買う気満々(要は荷物を持って電車の乗り換えをしたくない)の私は、岡山インターに無料駐車場があるのでそちらから乗ることに・・・2時間ちょいで到着。そごうに降り立った後、基町クレドやアンデルセンやパルコ,ウンナナクールを下見。アンデルセンはカフェが目当て。時間的に昼ご飯だったのであきらめるが、ケーキが美味しそう。特にイチジク。紅茶やチーズの品ぞろえも豊富。リベンジするぞ!その後福屋地下1FのみっちゃんにGO。下調べしといたのよ。贅沢に\1000ちょいのスペシャルを注文。おいしい♪では、映像をご覧ください。001_3

 うっかり、フラッシュをたいて、不審な目で見られてしまいましたが・・・湯気がたってておいしそうでしょう?広島焼きはクレープ状の生地の上にキャベツを乗せていく過程が「職人芸よなー」といつも思う。いつもは駅のビルの中の麗ちゃんにいくのだけれど今回はバスで行ったので、八丁堀で探してみた。なかなかなんじゃないかな?ウィンドウショッピングで楽しんだ後、会場に向かった。講義を聴いたあと、ホテルにチェックイン。アークホテルでした・・・部屋の中はせまく古め・・・自分で取ったホテルに泊まりたかった・・・・(出張の担当の方がお世話をしてくれたので、申し訳ないけれどね・・・・ホテル好きなんです、私。)良かったのはフロントでのレディスセット。ハーブティとスポンジ、綿棒、クレンジング、洗顔フォームが入った袋を自由に取れるようになっている。これは◎。しかし空調が寒い。あまりにも寒いので、駅前のエールエールのiimkでニットを買う。グリーンのスクエアネック。が、このために、飲み会に遅刻。ホテルの部屋に電話がかかった。本当にごめんなさい・・・しかし、出席者が女性ばかりで本当に不思議な雰囲気だった。んー、強い女はこわい。(みんなやさしかったけど、雰囲気にのまれた)翌日のことはまた今度!ちなみに泊まりたかったのはホテルアクティブ!広島。誰か感想を教えて。

ホテルアクティブ!広島 ホテルアクティブ!広島

地域:広島市内
特色:和洋バイキング朝食サービス!全室インターネットLAN接続無料!全室シャワートイレ・マイナスイオン加湿器完備!
楽天トラベルで詳細を確認する

| | コメント (2)

先日のお家カフェ部~パティスリー プティ・ブーレ~

先日のお家カフェ部
 友人のMちゃんに会いに行った。Mちゃんは結婚のため千葉に行き,最近ご主人の仕事のため,岡山に帰ってきたのだ!Sちゃんを車に乗っけて、Mちゃん宅へゴー!先に乗り込んでいたKちゃんとさっそくカフェ部しました~。カフェ部中は子持ちのMちゃんとKちゃんは大変そうだった・・・みんな天使のようにかわいいのに、悪魔のように動き回る・・・写真は私が食べたフルーツのタルト。イチゴ、パイン、マロン、ブドウ、キュウイ、イチジクなどが乗ってほんとおいしい。甘さは控えめでサクサクっとした生地。上品な味。

 さて、これはどこで手に入れたのか・・・ずっと私が行きたい!と思っていた「パティスリー プティ・ブーレ」(倉敷市八王子67-11)。倉敷の八王子交差点の近くにあるのだが、ずっと車から見えていて、店構えがかわいくて(木の窓枠がフランスっぽい)、長い間あこがれていたのだ。ただ、私が通るのはいつも反対車線。おまけに当日も一回通り過ぎてしまった。場所はホームページを見てもいいかも。お店の中には乙女心を刺激するものがいっぱい。ケーキは種類が沢山。チョコ類・ナッツ類も充実。シュークリームをあればマカロン(色とりどりでかわいい)もあるし、焼き菓子もいっぱい。私たちは乙女会談用ケーキを4個購入し焼き菓子をお土産に・・・じっくり選びすぎて遅刻してしまった。ごめんね・・・でも、ここ、良いです!また、いくと思う。

<CAFE>☆☆☆☆★パティスリー プティ・ブーレ

| | コメント (0)

ジョイント

ジョイント
先日たこさんと問屋町にあるミスブロッコリーに行った!ずっと行ってみたかった「AROW&DEPARTMENT」(岡山市問屋町12-101)を満喫しました。特にミスブロッコリーは素敵。安っぽくなく素敵アイテム大集合。高いのもありますが、基本お手軽価格です。これは何でしょう…答えは・・・なんとボールペン!かわいすぎる!!たこさんは羽を、私はダリアを。お店の方とお話しているうちにボールペンであると知る・・・すごい衝撃だった。もう値段なんて関係ないぜ。(羽は600円くらい?花は1260円)うちに飾るとこんな感じです。002_3

 私は基本的に造花の安っぽい感じが嫌い。でも、これは全然違う。造花としてのクオリティーも高い。高級感ありです。花はダリア以外にもミニバラやグリーンなど。ダリアも色違いがあった。羽根については・・・たこさんのブログを見てね。(初のジョイント企画かも?たこさん書いてね!)横にリンク張ってます。ちなみに下のクロシェは友人のお母さんの手作り。やっと日の目を見ました。四つ葉のクローバーが編みこんでます。キュート!ちなみにダリアは私の誕生花。花言葉は「華麗・優雅・威厳」だそう。友達の皆様、あってる?ちなみに本によってはサボテン。こちらの花言葉は「情熱」です。

| | コメント (0)

HERO

 遅ればせながら「HERO」を見てきました。あっという間に2時間が過ぎていった。面白かった。たぶんテレビドラマなら大傑作。映画なので面白いという感じかな?やっぱり映画のほうが金がかかっている分(?)ダイナミックなことができるんだろうな・・・

 今年は「それでも僕はやってない」といい、法廷ものをよく見る。実際面白いし。法廷ものは人生がかかっているから、人間の追い詰められていく姿が物語を面白くするんだろう。

 城西支部に帰ってきた久利生検事。久利生が帰ってきたにもかかわらず、事務官の雨宮は何やら怒っている様子・・・久利生は離婚係争中の芝山検事に代わって傷害致死の公判を担当することに・・・簡単な傷害致死事件のはずだったが、被告は一転して否認。弁護士は無罪率ナンバーワン弁護士の蒲生が付いていた。さらに山口地検での因縁の代議士花岡も絡んでいて・・・というところかな?

 蒲生に松本幸四郎。花岡にタモリが配役されている。それにしてもタモリ。うまかったけどサングラスの代議士いるのか!?いいか映画だし?マスターの田中要次さんはいつも名前が思い出せない・・・今回もいいところでいいことやってます!(特にラスト)あと、どっかで見たことあるなあ・・・と思っていた警備員さんは「それでも僕はやってない」では裁判官だった正名僕蔵さん。恰好が違っていると案外わからないものです。

 役者も豪華で楽しいんだけど、TVの宣伝で良いシーンを見すぎて、ちょっと本番ではがっくり。シーンそのものは素敵なんだけど、過剰な宣伝はよくないかも・・・見る楽しみが減る。面白かったけどそこが最も残念な点だった。

<MOVIE>☆☆☆☆★「HERO」

| | コメント (0)

みんなの知りたいことは

 みんなというのは語弊があるかも?久々にアクセス解析をしてみたら、この一ヶ月で検索ワードは地名以外は「細木数子レシピ・古○野整骨院・モンスターバッシュ・くるり・吉川晃司」が多かった。

 うーん意外。細木レシピはいろんなサイトで紹介されているし、私のブログでは、ほとんど触れたことがないのにね。でも、レシピ通りに作るとバカウマ。最近カレーに白ワインを入れて、下味をしっかりつけ、大蒜も入れるというレシピで作ったら・・・マジでおいしかった。

 そして、定番になっているのは炒めそば。生姜、長ネギ、シイタケ、干しエビが具。ごま油で炒めて、塩とこしょう、日本酒と昆布茶で味付け。これがおいしいの。焼きそばとは一味違ってます。もう一つの定番は木の葉丼。醤油と酒、みりん、砂糖で味付けしただしに、油揚げとかまぼこ、シイタケを煮て、ご飯にかけて、三つ葉とのりを飾る。手軽にできるのに、サクサクご飯が進みます。これが写真でございます・・はっきりいって、私は料理べただし、手際も悪い。けれどもゆっくり作ればそれなりにできる、細木レシピ・・・細木さんそのものは苦手ですが、レシピはすごい!本にならないだろうか・・・・001_2

| | コメント (0)

D-snap。その後。

  買いました。D-snapのVista対応バージョン。パナソニックのネットショップ・パナセンスでのダウンロードでの購入でした・・・実は、楽天のフリマを利用したことはあるのですが、正規のネットショップでの買い物は初めて。あんまり、簡単にできるので驚いた。確かに楽。でもちょっと怖い。私は時代遅れかもしれない・・・

 パナソニックのホームページからメールを送り、対応バージョンの相談をし、パソコンにインストール。パナソニックは結構こまめに相談に乗ってくれて、好印象。肝心のD-snapは使い心地はなかなか。CDからSDへの取り込みも早いし、タイトルやアーティスト名もすぐに取り込める。ただ、最初、今までオーディオから取り込んでいたせいか、オーディオとパソコンではふつーに再生できるのにD-snapでは再生できず、大格闘。結局、SDを初期化し入れなおし・・・でも何とか今のところ安定した動きです。それにしてもデジタルオーディオは場所を取らないし、大量に入るし、タイトル、アーティスト名も簡単に入るし、もう手放せないなあ。D-snapもまだまだ使っていない機能もありそうだし、奥が深い。

| | コメント (0)

今週の読書「聖灰の暗号」帚木蓬生(07新潮)

 帚木蓬生さんの最新作です。上下巻とボリュームもたっぷり。丸一日読書ざんまいいたしました~。今作は歴史ミステリーとでも言おうかな・・・相変わらず骨太な作品を書かれています。・・・大好き!

 須貝彰はパリに留学中の歴史学の研究者。ペール・ラシェーズ墓地で精神科医クリスチーヌ・サンドルと出会う。(その後再会する)須貝の研究テーマは中世、フランスのキリスト教の一派カタリ派。カタリ派は苛烈な弾圧を受け、滅びた。その研究のため、トゥルーズの図書館でドミニコ会修道士レイモン・マルティの記録を見つける。その記録こそが、カタリ派の真実の姿への糸口だった。真実を知らしめようとする須貝、クリスチーヌ、エリック(調査の途上で友人になる、ナイフ職人、地元の人間)を様々な障害が襲う。

 須貝とクリスチーヌの恋愛もかわいらしい(清純だなあ)が、基本はミステリー、本当にハラハラドキドキの物語展開。ミステリー仕立てでありつつも、カタリ派の真実を浮かび上がらせる。どちらもフランス文学を専攻していたためか、キリスト教を扱っていたためか、どこか遠藤周作を思わせる。信仰はわからないが、人々が素朴に神と寄り添う姿は感動的だ。ヒューマンな筆致で一気に読ませる。帚木さんの真骨頂ともいうべき作品。

 それにしても、宗教は恐ろしい。神の名のもとに人殺しもいとわない。自分たちの正しさ以外、目に入らない。そういう危うさが鋭く描かれていることも付け加えておく。

 ちなみにネット上で児玉清と帚木さんが対談しています見てみてね。

 ああ、また、帚木さんのスケールの大きい作品が読みたい!!

 あ、瑣末なことですが、どうも、須貝は岡山出身っぽいです。お母さんは岡山のショッピングセンターで大判焼きやクレープを売っているらしい(笑)深読みのしすぎですね。そして、帚木作品では当たり前?のおいしそうな料理の描写の数々・・・フランス料理は残念ながらまねできない。今度は日本を舞台にして・・・というのは冗談です。

<BOOK>☆☆☆☆☆「聖灰の暗号」帚木蓬生

聖灰の暗号 上 聖灰の暗号 下 (3)

| | コメント (0)

今週の読書「三谷幸喜のありふれた生活5 有頂天時代」(06朝日新聞)

 朝日新聞連載中の三谷さんのエッセイの単行本です。ものすごく気楽に読めるので、大好きなシリーズです。

 今回は古畑任三郎の最終回を書いていた時期のようです。イチローとのエピソードが面白い。イチローは筋金入りの古畑ファンらしい。アメリカでもBGM代わりに見ていたそう。意外ですな。放送でも役者顔負けの演技だったなあ。でも、小林隆さんと兄弟という設定はかなり意表を突いてたわ・・・

 12人の優しい日本人のエピソードも好き。見たかった。チケットほしかった。江口洋介をみんなでだますのは面白そう。そっと柱の陰からのぞきたい。ああ、言いたい。でも言うと面白くないんだ、これが。

 大河に(「功名が辻」大石静脚本)出演していた時のエピソードもいい。実は大石さんのファンでもあるので。それにしても足利義昭ははまっていた。確かに演技は?だったけど。キャラクターが。役者はそれで充分だと思うなあ。ちなみに大石さんの相棒の二兎社の永井愛さんは三谷さんのファンらしいです。(と何かで読んだ気が・・・間違っていたらごめんなさい)

<BOOK>☆☆☆☆☆「三谷幸喜のありふれた生活5有頂天時代」

三谷幸喜のありふれた生活〈5〉有頂天時代

| | コメント (0)

かわいすぎる!かわいすぎる!!

 私の心にクリティカルヒット!!YUKIちゃん初のシングルコレクション「five-star」001_2 。超キュートなジャケット!黒と白の二種類がありましたが、白をセレクト。YUKIちゃんやYUKIちゃんヘアのおばあちゃんが映っていてすごくかわいい。CDはシングルが出した順番に入っています。普通だんだんと曲自体の印象が薄くなっていくもんですが、YUKIちゃんは逆。どんどん、どんどんパワーアップしている感じ。私が好きなのは「ふがいないや」「ドラマチック」「ビスケット」「JOY」の4曲ですが、どれも最近のでしょう?特に「ふがいないや」にはどれだけ助けられたでしょう。いつか、「JOY」みたいに過ごせたらいいなあ・・・「ビスケット」はネットのみの配信だったのでじっくり聞けてうれしい。CDは歌詞カードにYUKIちゃんのコメントあり。結構面白い。「長い夢」は当初サビの『バーイバイ、長い夢♪』が『バーイバイ、渡辺』だったそう(笑)「JOY」は蔦谷好位置さん作曲。もともと蔦谷さんのバンドの曲だったそう。「JOY」だけは渡せない!と思ったほど蔦谷さんにとっても思いがある曲らしい。蔦谷さんのホームページにいきさつがあり、なかなか切ない気持になりました・・・CDはさっそく、SDに落として、毎日聞いています♪

 それにしても、今回ツボだったのが、DVDの「ゆきんこaround the world。ゆきんことは、YUKIのオフィシャルサイトのキャラクター。もともと可愛いな、と思っていた。うちのブログにも貼ってます!かわいいでしょ?そのゆきんこちゃんはアニメになっていたなんて!動くゆきんこはもう最高にキュート。ゲームみたいな動きにピコピコ音。かわいすぎてあっという間に虜になってしまった。Yahoo!に無料の動画「ゆきんこaround the world2」があります。ぜひぜひ見てね!

<MUSIC>☆☆☆☆☆「five star」YUKI

five-star(初回生産限定盤)(DVD付)

| | コメント (4)

今週の読書2「アコギなのかリッパなのか」畠中恵(06実業の友社)

 しゃばけシリーズの畠中さんの現代小説です。

 舞台は勇退した元政治家の事務所。主人公の聖は元不良の勤労大学生。元大物政治家大堂の事務所で事務員として働いている。母はすでに父のもとを去っており、父は弟の拓の養育を放棄してどこにいるのかもよくわからない。そんなこんなで弟を養育するために働いている。大学は大堂に行かせてもらっているが、聖は大学卒業後は拓のために堅い仕事がしたいと望んでいる。聖は大堂に何かと目をかけられさまざまな政治家のもとに手伝いにと派遣されていき、厄介事を解決していくが・・・

 しゃばけ同様、エンターテイメントでありながら、ミステリー。ちょっとした謎ときが毎回あります。人の心理を突いている・・・多少現実離れしている感もありますが(もっと政治家の世界はどろどろしているだろう!とか)、許せる範囲内です。かなり楽しんで読めます。主人公と大堂の人物像が洒脱で魅力的。ひと時の頭の一休みにお勧めです。ドラマ化したら楽しいかもね。

<BOOK>☆☆☆☆★「アコギなのかリッパなのか」畠中恵

アコギなのかリッパなのか

| | コメント (0)

今週の読書1「あなたの呼吸が止まるまで」島本理生(07新潮)

 島本さんの最新作。久しぶりの長編です。

 主人公は女子中学生の朔。父親は舞踏をしており、金銭的には不安定だ。そのせいで、母親は出て行ってしまっているので、安アパートに二人暮らしをしている。舞踏の世界も父親を通じて覗き見ており、少し、おかしな世界であると認識している。父親の野宮を撮っている30代のカメラマン佐倉とも落ち着いて会話することができている。相当大人びた女の子だ。学校ではかなり浮いている攻撃的な鹿山さんと仲がいい。何かにつけ鹿山をかばう田島に恋心を抱いている・・・

 話そのものをこうして書くとありふれている感がある。前半にはそんなに大きな波乱もなく、後半に朔に大きな出来事が降りかかる。が、このような体験をしている人は案外多いような気もするのだ・・・しかし、島本さんの手にかかると話は独特の静寂な空気の中で淡々と、でもしっかりと進んでいく。物語の設定は舞踏がちょっと変わっているが、まあ、よくあるかも?でも、読んでいる最中はそう感じない。私は「ナラタージュ」のほうが好きだが、それは主人公が大学生なので、中学生よりは親近感を持って読めたからだろうと思う。今時の中学生がこうなのかどうかはわからないが、確かに中学生の内省的な空気と若い性の香りを感じる。後半の出来事の後、朔の動きは素晴らしい。彼女の健やかに育まれた意志の力が垣間見えると思う。

 島本さんは力がある作家さんだと思う。

<BOOK>☆☆☆★★「あなたの呼吸が止まるまで」島本理生

あなたの呼吸が止まるまで

| | コメント (0)

フィンランドからの手紙

003_3   先日、新婚旅行中の友人Yから絵葉書が届きました。新婚先はなんとフィンランド!世界一物価が高いんだそう。ちなみに新婚旅行から帰った日に届いた、ファンキーなサンタさんです。サンタクロースさんの本場なので私もお願い事を頼んできました~。ぐうたらで申し訳ないが・・・休みたい。働きたくない。めんどくさい。かなえてもらうのは無理か・・・サンタさん。お願い。私に休暇を!いやってほど寝てやる!!

| | コメント (0)

やばい・やばい

 最近まったく運動をしていない。何せ、家→職場→スーパー(もしくはコンビニ)スパイラルライフ・・・去年は忙しかったけれど、職場も4年目だったし結構手抜きの術は知っていたから帰りに映画見たり、ライブ行ったりしたものだ・・・お花とかもしていたしね。ジムも結構行っていたかも。あああ、なんとダメダメな生活なの~!

 転勤して、今年ぐらいは仕事全力投球もいいか、と思ったけど。体が嫌がっているようだ・・・整体に行っても「肩、硬いですね」といわれる。あん摩に行っても「慢性の腰痛持ちじゃね」といわれる。胃が痛いし。断り切れずに走った100m全力疾走で体はバラバラになりそうに痛くなった。体が仕事嫌いなんだわ、基本的に。座布団や、スリッパにも気を遣っているのに~。というわけで久々のジムに行くことにした。15分ほどバイク・20分ほどウォーキング・そのほかマシントレーニング各種をしてみた。幸い、体脂肪率は1年前と同じ。ただ、体重は500グラム増・・・むくんでんのか?筋肉痛じゃ。おもに胸と肩。肩でこり以外で痛くなったのは久しぶり。また、暇な時にはジム行こう。ヨガとかもしたいなあ。実は水泳にも興味がある。はっきりいって、ほとんどかなづち・・・せめて、25M泳げるようになりたい。しかし、結膜炎になりやすいので結局は違うスポーツをしてそうだな~。あとひと押しがほしいよう。

 明後日はYUKIちゃんのシングルを集めたアルバム「five star」のリリースです。ネット配信しかなかったシングル「ビスケット」も入っているし、買わなくちゃー。これも出張に連れて行っちゃうぞ。わくわく。エキサイトミュージックでもYUKIちゃんの特集してます。予習予習!!

| | コメント (2)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »