« 先日のカフェ部~cafe the Roots~ | トップページ | 来年のカレンダー »

自虐の詩を見てきた。

 映画「自虐の詩」。ひそかに注目していた映画を見てきた。堤幸彦が監督で中谷美紀・阿部寛が主演なら、みたいでしょう!(ケイゾク・トリックのファンですから)いやー私にはあたりです!

 粗筋は・・・・森田幸江は葉山イサオと同棲生活中。激しく貧乏で不運な女だ。子供のころに母親に捨てられ、中学時代に父親が逮捕され、友達は熊本さんのみ。東京では体を売り生活していた。そこをやくざで男気溢れるイサオに助けられる。一緒に暮らし始めたがイサオはまるで働かず、ヒモ生活だ。けなげに働く幸江だが・・・

 映像が堤監督チックでいいなあ。特にちゃぶ台投げ!スローで、でも阿部寛の表情は変化なしでいいわあ。阿部寛はいいなあ。パンチパーマがあんなに似合う人はほかにパンチ佐藤と尾藤イサオぐらいでは?かっこ悪いのにかっこいい!そして、中谷美紀。相変わらずきれいですが、姿勢からして猫背気味になっていて不幸ムードを漂わせているところが上手。二人ともうまい。私は原作を読んでいないけど、相当面白いのでは?と思った。行こうかどうか迷っている人がいたら、行ったほうがいいですよん。

<MOVIE>☆☆☆☆★「自虐の詩」

|

« 先日のカフェ部~cafe the Roots~ | トップページ | 来年のカレンダー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先日のカフェ部~cafe the Roots~ | トップページ | 来年のカレンダー »