« 椿三十郎 | トップページ | 見たぜ、時効警察 »

高松レポート②まったりランチ@ヴォワールタカマツ

 高松上陸後、ランチを食べることに。Yちゃんの案内で丸亀町レッツというところに。ここは商店街の交わる交差点のようなところでした。1Fはブランドショップが並び、2Fには雑貨屋さんやGAPがある。3Fは紀伊国屋書店だったろうか?本日は4Fのダイニングレストランヴォワールタカマツへ。ふふふ、ちょっと豪華?結構高級感があるドアで夜だったら高いんだろうな~という雰囲気。ランチはバイキングみたい。しばし席が準備できるまでソファで待つ。テーブルにはゴージャスな花が。お正月を意識した南天とカサブランカが美しい。席に案内され、パスタとメインを4つほどある中からセレクト。002 Yちゃんは鮭のマリネとキノコクリームパスタ、私は季節の野菜のかま揚げパスタと讃岐コーチンのグリル(ローズマリーが乗っている)を。鶏のグリルはかなり美味。皮がパリッとしていておいしい。釜揚げパスタはパルメザンチーズをその場で削ってくれます。003 雰囲気作りもばっちり。そのほかの料理はバイキングでサラダの種類が豊富。ナムルなんかもあります。豚シャブのサラダがおいしかったかな。ピザもあり、料理を待っている間も飽きません。ドリンク類も結構充実。食事中にぐいぐい飲めるウーロン茶、アイスティなんかもあります。もちろんジュース類もあるし、ホットドリンクはリプトンがメイン。ハーブティが数種類ある。Yちゃんはハーブティが気に入った模様。私も好きですね004 。さんざん食べて、会話も楽しむ。いいなあ、ゆっくり食べれるって!Yちゃんの新生活もまったりしていてうらやましい。時々旦那さんからのメールも入っていたようで、仲良しさん!?な感じ。デザートは写真の通りプラス、フルーツヨーグルトがありました。私はアメリカンチェリーのタルトがおいしかった。これで1800円也!その後カフェ部したり、自転車で高松の町をふらふらしたりした後Yちゃんと別れ、雑貨屋さんで買い物をしたのち、帰ることに。しかし、私には忘れていることがあった!讃岐うどん。いつも、商店街をふらふらするときはさぬき麺業に行くんだけれど、今回はYちゃんお勧めのうどん市場へ。セルフのおうどん屋さんです。これだけ食べ続けているとさすがに普通のは食べられない・・・ので肉玉ぶっかけの小を食べた。300円しなかったかな?うどん市場についてはYちゃんのコメントが詳しい。①をご覧くださいね。おなかを完全に満たしつくして、マリンライナーに乗る。すっげー、楽しい一日だった。Yちゃんありがとね。でも、Yちゃん晩御飯食べられたかな?

<EAT>☆☆☆☆★ヴォワールタカマツ

007 肉玉うどん~。たまごがとろーりでした。ああ、今度うどんツアーもしたいなあ。誰か連れて行ってよう。

|

« 椿三十郎 | トップページ | 見たぜ、時効警察 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

あっ、さぬきうどん、召し上がったのですね!お写真のおうどん、とてもおいしそう。
じゅるっ。
ということで、我が家の夕食は、先日いただいたさぬきうどんに決定しました。卵とお肉を買ってきて、お写真と同じ“肉玉うどん”を作ってみたいと思います。
ランチのレストラン、いいですねぇ。イタリアンのバイキングなんて、女性としては嬉しいレストランです。サラダバーがあるのも、ポイント高し!1800円はお得ですね(^^)b
結婚で他県へ嫁いだお友達と会えるのはいいですね。私には結婚後、なかなか会うことができない大の仲良しがいます。神奈川県内なのですが、県内でも遠くへ引っ越してしまったことと、二人続けて出産してせいもあり、なかなか会えないのです。お子さんたちがもう少し大きくなったら、電車にも乗せられるので、それまで待ちたいと思います。

投稿: ぴろろ | 2007年12月29日 (土) 15時15分

 香川出身の知り合いや、香川在住の友達によると香川はうどんが日常にしっかりと浸透しているので、マックのハンバーガーを食べるようにうどんを食べる(笑)高校時代帰りによく食べたんだそうです。どんなに腹いっぱいでも、うどん屋でのアルバイト歴のある私は食べずに帰ることはめったにないです。
 岡山県民にとって、香川は本当に近いです。フェリーでもすぐ、瀬戸大橋でもすぐですし、テレビ局はNHK以外の民放は岡山香川共同でしています。なので、香川のCMがしょっちゅう流れるんです。だから、県外にお嫁に行ってもそんな気がさっぱりしない。高松あたりなら県内移動の感覚です。今のところ会える環境なので、また、会いに行きたいなあと思っています。ぴろろさんのお友達も会える環境になったらきっと来られてですね。そんな日を待つのも楽しい。会えた時の感慨はきっと深いでしょうね!早く大きくなあれ!

投稿: onomot | 2007年12月29日 (土) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 椿三十郎 | トップページ | 見たぜ、時効警察 »