« イバラ咲く美肌道?@ロイロ | トップページ | ちかちゃんと班活動@3・2・5 »

ラストフレンズ最終回のおかげでというか・・・

 わたくし今期のドラマは「ラストフレンズ」にはまってました。上野樹里ちゃんはもともと大好きだし、瑛太も大好き。水川あさみも好感を持ってたもんで。なにより、ストーリーが緊張感があっていい。ほとんど欠かさず見たと思う。で、ちょこっと以前にも「ラストフレンズ」のことを取り上げた。・・・のためか、「ラストフレンズ」の最終回前日と当日にとんでもないアクセス数を記録してしまった。空前絶後。普段のアクセス数の4倍。今、アクセス解析を見て、仰天してしまった。期待してた人ごめんなさい。私も困惑してます。私のブログは岡山の平凡な30歳独身の働く女のつぶやきです。カフェが好きで、おしいものが好きで、読書が好きで、芝居が好きで、花が好き、音楽が好き、ライブが好き、それだけなんです。

 あまりにもアクセス数が上がったし、わずかでもお役にたてれば嬉しいので、感想を少々。

 宗佑が自殺し、瑠可のレースに行けなかった美知留。瑠可は見事優勝し、記者会見に臨む。悪意の質問にもひるまず、家族、友人を誇りに思う旨を堂々と語る。一方美知留はシェアハウスに変えることなく、故郷の銚子に。民宿で働くことになる。その矢先妊娠が発覚。宗佑の子だ。危険な出産になる可能性があるものの美知留は産むことを決断する。シェアハウスでは友彦が引っ越しの準備を始める。海外転勤の辞令が下ったのだ。妻のもとに帰った友彦だったが、エリの前に花束を持って現れる。「あなたのことが忘れられませんでした」と求婚。二人は結婚式を挙げる。瑠可とタケルは美知留を迎えに向かう。そこで初めて美知留の妊娠を知る。3人でいるところで産気づき危険ながらも無事出産。瑠可、美知留、タケルは瑠美と名付けた子どもと生活を共にすることに・・・

 というわけで、ハッピーエンドと言ってもいいでしょう。上野樹里演じる瑠可の葛藤を持ちつつも、自分の意思で前に進む主人公が共感を呼ぶ。上野樹里の演技は素晴らしいし、かっこいい。また、瑠可に好意を持ちつつも、自分自身の心の傷を持つタケルも良い。瑠可同様、前にもしっかり進む。瑛太が好きになる。そりゃ、美知留も好感を持つってもんだ。そして、水川あさみ演じるエリの男前さもいい。友彦を締めるところでは締め、DV男宗佑にもひるまない。水川の端麗できりっとした容姿にも合う。DV男を見事演じきった錦戸亮も良かった。・・・問題は長澤まさみ・・・役柄上ある程度仕方ないとはいえいらつく。決して長澤まさみが悪いわけではないが、キャラクターが頭が弱く、(何度もDV男のもとに戻るし、<それは仕方ないのか?DVから逃れるのも恐怖?>せめて、友達が襲われたら警察に通報しろannoy自分をとことん傷つける男より、自分を守る友達のほうが大事だろうがっ!)おまけに決断がなかなかできない・・・こりゃ受けないわ。そして、長澤まさみの演技も他の4人に比べ・・・何か入りこめなかった。アンチ長澤ではないけれど、ちょっと気持ちが分かった。次はさばさばした役が回ってくるといいけれど。しかし、長澤まさみに対するちょっとした反発心が上野樹里への共感に向かいドラマに入り込めたので、キャスティングの妙がドラマの起伏にばっちりと合い面白くなったのだと思う。結論はハッピーエンドがいいのか悪いのかわからない・・・しかし、ここまで、ぐいぐい引き込まれたドラマは久々なので、すごく良かった。木曜日が楽しみだった。

 さて、来週の特別編が楽しみ。本篇にはなかったエピソードもあるようだし

|

« イバラ咲く美肌道?@ロイロ | トップページ | ちかちゃんと班活動@3・2・5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イバラ咲く美肌道?@ロイロ | トップページ | ちかちゃんと班活動@3・2・5 »