« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

メモ代わり

明日は筋肉痛確実のこの体!1週空けてジムに行ったのだ。前回より負荷をかけて頑張った。肩辺りの筋肉が重い。しかし座り仕事なんだし最低限の運動は自分のため。
そしてまだ自炊継続中☆ジムでの体重が軽くなってないから,今日は軽め。刺身こんにゃく,おくらの肉味噌和え,ハムとキュウリの中華サラダ,ゴハンにした。食後にチューハイ,貰い物のブルーベリーで作ったフローズンヨーグルト。フローズンヨーグルトは友人のYちゃん直伝!蜂蜜風味がなかなかナイス♪朝のデザートにもいいかも?遊びに負けない体になるぞ☆

| | コメント (0)

今週の読書「ホルモー六景」万城目学(07角川)

 「鴨川ホルモー」の番外編。コミカルな(でもどこまでもまじめな)「鴨川ホルモー」の続編だけあって、やっぱりコミカル。「鴨川ホルモー」を読んでからでないと分かりにくいと思うけど。

 六編の短編が集まっていて、それぞれ周辺人物を主人公に据えて、(というか本編では名前も出ていなかった人もいると思う)ホルモーにまつわることが物語として描かれている。おまけ的な作品のような気がするので、本編をぜひ読んで、オプション的に楽しむのがいいと思う。ので、会えて内容は書きませーん。あしからず。個人的には鴨川(小)ホルモー(二人静の話)と長持ちの恋(コミカルな異次元ラブストーリー?)がお気に入りです。

<BOOK>☆☆☆★★「ホルモー六景」万城目学

ホルモー六景

| | コメント (0)

男前!

D1000139

 本日誕生日の私、この年も元気にやってきまーす。よろしくでございます。

チロルチョコの新作、男前豆腐です。ま、味は豆乳風味でほどほどですが、ラベルのかわいさにきゅーんでございます。豆腐も食べようっと!

D1000140

| | コメント (2)

今週の読書「天使の代理人」山田宗樹(04幻冬舎)

 「嫌われ松子の一生」を書いた山田宗樹さんの小説です。

 あらすじは・・・4人の女性の生き方が微妙に交錯する。桐山冬子は助産師。多くの生命を取り上げたが、多くの子供の堕胎の現場にも長年かかわってきた。経済的なものなどは致し方ないにしてもきまぐれや計画性のなさでの堕胎も多かった。ところが、ある、、妊娠後期での堕胎で、衝撃を受け、告発本「天使の代理人」を自費出版する。中絶の実態や、残酷さを描き、TVの討論番組でも取り上げられる。そんな冬子のもとに若い助産師がやってくる。ともに堕胎を辞める説得をする活動を始めた冬子だったが・・・一方、主婦の佐藤有希恵は待望の赤ちゃんができていたが、同姓同名の人間が堕胎予約をしていたため、病院のミスで堕胎をされてしまう。心に深い傷を負った有希恵はもう一人のサトウユキエに殺意を抱くようになる。また、女子大生の麻矢は避妊に失敗し、堕胎する。家庭的に複雑な麻矢は大体に対するハードルも低い。HPの掲示板で堕胎のことについて書くが、そこにユキベーこと佐藤有希恵のコメントに挑発され過激な意見を書くが・・・弥生はエリート銀行マン。恋人はいるが、結婚は考えていない。会社での地位も高くなり、そろそろ自分の生き方に目を向けるようになるが・・・精子バンクでの精子の提供を考えるようになる。

 4人の女性の生き方、考え方が交錯し、さまざまな命のとらえ方を考えさせられる作品。年齢背景もバラバラで、誰かに共感ができる作りになっている。文体や人物像はオーソドックスだが、日常に密着した内容なので違和感はない。自分が思っているより多くの人工妊娠中絶があるのだろう。私は中絶反対とも賛成とも申し上げないが、この世に生きているということは楽しいことばかりじゃないので、その世の中に子供を送り出すということはものすごい責任があるということはなんとなく思っている。その命の重さをいろいろな角度からとらえられている、この作品の読みごたえは十分あると思う。

<BOOK>☆☆☆☆★「天使の代理人」山田宗樹

 天使の代理人(上)

 

| | コメント (0)

だらだらDVDライフ@「BONES」

本日は体調不良のため、だらんと過ごしました。なさけなーい。しかし、最近たまっていたDVDの鑑賞。はい、一時期ブログが滞っていたのはこのためです。はまっていたのは・・・

「BONES」と「顔」。海外ドラマはあまり見ませんが「ER」に次いではまってしまった。「BONES」は法人類学者のテンペランス・ブレナンが主人公。法人類学とは何か、うまく理解してません・・・(法医学との違いが分からない)。ブレナンは遺体(人骨?)鑑定のスペシャリスト。FBIのブース捜査官とコンビを組み、さまざまな事件を解決していきます。

30代とっかかりぐらいに見えるブレナンは美人で頭脳派。おまけに格闘技にも強い。が、浮世離れしていて学究肌。現実的で元スナイパーのブースとは衝突が多い。また、ブレナン(通称ボーンズ)が勤務するジェファソニアン研究所のほかのスタッフも変人すれすれの個性派ぞろいで、ブレナンの鑑定の手となり足となり、個性を十分発揮して活躍。これが結構面白くてはまる!特にお気に入りのサブキャラはアンジェラ。ブレナンの親友でアーティストでもあり。骨から顔の絵を起こすスペシャリスト。明るい東洋系美人で、常に恋人がいる感じ。浮世離れしたブレナンとはいいコンビ!他にも虫の専門家のジャックに、ブレナンのアシスタントの若き天才ザック、研究所の所長なども物語を刺激的にしてます。しかし、ひとつだけ自信を持って進められないのが、遺体鑑定がメインなので、映像がグロいwobblyので、そういうのが苦手な人は避けた方がいいかも?でも「ER」とかが好きな方ははまると思う!

ちなみに友人のYもハマっていて、先日一緒にアクセサリーを見ていた時にブレナンがよくしているような大振りのネックレスを見た。ブレナンスタイルだね。と盛り上がりました。

とにかく、サスペンスの刺激と、学究的な内容。そして、情緒もあるこのシリーズ。早くセカンドシーズンが見たーい!DVDでないかな?お勧めの作品です。

BONES ―骨は語る― vol.1

| | コメント (0)

メンテナンス

今日はカイロプラクティクスの日でした。腰を曲げるとパキッといきそうな雰囲気だったのが無くなりました。
これは月イチの決まり事ですがオーバーワーク気味の時は背中か腰がやられる。だからたまに近所の指圧に行きますが,常に予約が取れる訳じゃない。なので倉敷駅ビルのクイックマッサージの西洋館に行きますが,ここも8時には終わり。それ以外は諦める(笑)
先日,用事があって,イオンで平日夜ふらふらしてました。1Fの食物屋さんがたくさんあるフロアでマッサージのチラシを発見。腰がおかしかったから「受けたい!」と即決め。がフロアマップを見ても店がない…用事も済ませたし諦めて帰ろうとしたら…食物屋のフロアの真ん中に仕切が…これは何?と思ったら,そここそがブブアブというマッサージ屋さんでした(・o・)店には見えなかったぞ…不安に思いつつ45分のコースを受けることに。
私が組み合わせたコースは首&腰のマッサージ&リフレクソロジー。腰も首も存外気持ち良い(^^ゞリラックス♪しかしここ昼間や土日はきついかも?立地が立地だけに人の気配が多すぎるかも?お店の人曰く私は右足をかばって歩いていたらしく,腰にも負担がかかっていたらしい。リフレクソロジーはいきなり激痛!力を加減して貰ってみるとなかなか痛気持ちいい☆痛かった箇所は運動不足+睡眠不足+耳が不調(中耳炎治ったばかり)+胃…全部思い当たる!侮りがたし。またプチメンテナンスとして行ってみよ。
今日もどうにか自炊はクリア!本日はネギとハムの中華粥&ピーマンとジャコの炒め物!明日も頑張らねば☆

| | コメント (0)

体力作り

最近仕事が忙しい。納得ができないこともあり,指示待ち人間にイラついたり…自分で決めて即行動しようぜ?私はつくづく人に頼るという状況にストレスを感じるようです。自分でやって失敗したほーが性に合うわ(-_-#)体を壊した方もいるし,ストレス社会ですな…
さて夏です!これからの予定…ライブ,八重山ツアー,バーベキュー,香川遠征などのために体力作りに勤しんでます☆夏の自分にノルマとして週イチジムを課してます。遊びに負けない体を目指す!
そして次に大事な食事。簡単で良いから作る。なるたけ野菜を食べる。本日は細木数子メニューから人参だけの炒めもの&フレッシュトマトのニンニクスパゲティをセレクト。人参,ピーマン,トマトが取れて夏らしいなあ♪ちなみにトマトはちかちゃんからいただきましたm(_ _)mやっぱ外食をおいしく感じるためにはなるたけウチメシもしなくては!がんばるぜ☆

| | コメント (3)

本気で頭にきた真夜中

 今日、うっかり、うたた寝をしたので夜に朝ごはん用の米を研ごうとして、そのことは起こった・・・ここから先は食前・食中・食後の方はご遠慮ください。

 1週間ほど前、我が家の中にコメがあった。母親が私の留守中に勝手に侵入しておいていったらしい。ちなみに、その日の私は5キロの米を買ってきた帰りだったgawk米櫃を洗い、買ったばかりのこめびつくんを貼り付け、買ったばかりの米を入れた。で、ついでに、母が持ってきた米を上に入れた。その時・・・どうも、コクゾウムシのようなものが見えたshockがーん。よりによってなんで、コクゾウムシ入りのコメなんか持ってくるんだ!許せん。できる限り上の部分は捨てて、買ったばかりのコメは守ったつもりだった。こめびつくんも付けていたし。がんばれ!こめびつくん。

 が、その期待は無情にも裏切られた。今日、明日用の米を研ごうとして、米櫃を開けると、うごめく羽虫!うげえええええええcrying。とりきれなかった虫が繁殖したらしい。せっかく買ったコメが全部ぱあ。即座にごみとなった。せめて、買ったばかりの米を味わいたかった・・・私の2000円を返せ。(こめびつくんと米を足した額がそのくらいだった)絶対に許せない。これは確実に嫌がらせだわ。人の家に勝手に入った上に、虫入りのコメを持ってきて、買ったばかりの米をぱあにした。しかも、そのコメは給料日前のなけなしの金で買ったもの・・・一生許さん、もう二度と我が家の敷居をまたぐんじゃねえpoutと言いたいぐらいの怒り具合です!!そして、こめびつくん。役に立ってない!100円均一の製品のほうが虫が湧かなかったぞ!!!

 ちなみに、今週は麺類ブームでパスタ、うどん、中華めんが主体だったので気がつかなかったよweepもともとまとめ炊きして、冷凍派だから、ご飯も冷凍ものを使っていた。キャベツ買ったからキャベツスペシャルでお好み焼きとかもしたしなあ・・・晩御飯は麺類だったので、朝ごはんは麺類でごまかします。うどんとそうめん買い置きしといてよかったcoldsweats01

| | コメント (0)

今週の読書「警官の血」佐々木譲(07新潮)

 この作者の本は初めてです。初挑戦にして成功!面白かった。上下巻なので量も多い。しかし、飽きることなく読ませる作品だ。

 主人公は三世代にわたる。安城清二は戦地から引き上げ後、多津と結婚。その当時大量採用だった警視庁の巡査になる。同期の早瀬、窪田、香取など目標は違えど共に歩む仲間もできた。最初の配属地、上野署で顔なじみのゲイのミドリの殺人事件が起こる。しかし、解決することなく迷宮入り。また、国鉄の労組に所属した若いゲイの青年田川が殺されるがこれも解決の日を見ることはなかった。思いを残したまま希望の駐在所勤務になる。駐在ながら、未解決の事件の事件をひそかに調べていたある日、隣の寺が炎上。不審な人物を追跡中に転落死を遂げる。が、殉職とは認められなかった。

 清二の息子民雄は、優秀な高校生だったが母子家庭で生活が苦しかった。高校も血のつながらないおじ早瀬、窪田、香取の3人の援助を受けていた。高校卒業後は警視庁に入庁。警察学校で優秀な成績を収めていた。ある日上司に呼び出された民雄は密命を受ける。在職のまま、北大を受験し、合格の上、過激派の情報を手に入れることを命じられたのだ。数々の手柄をあげるが、潜入という神経を使う状況に精神が悲鳴を上げた。治療を受けつつ希望の駐在を目指すが、妻に手を挙げるようになる。念願かなって駐在勤務となるが、父の死の真相を突き止め始める。手掛かりが見つかったある日、誘拐事件の身代わりとなり殉職を遂げる。

 安城和也は都立大学卒業後警視庁に入庁。父同様優秀な成績を上げた。ある日密命を受ける。同じ刑事の内偵という仕事だった。複雑に思いながらも恋人の由香をその上司加賀谷を寝取られたことで、加賀谷と由香に復讐を遂げる。そのさいに加賀谷にはかれたセリフに父親への侮辱のにおいを感じる。父親、祖父の死の真相を探り始める和也・・・

 ちょっとあらすじを書くだけでも長い。そして読みごたえもある。戦後からの市井の警察官の姿が余すことなく描かれている。警察史は近現代史でもある。また、警察は社会を映し出す鏡でもあると思う。親子三代にわたる事件を軸に3人の姿が深く描かれている。エンターテイメントとして、面白い。この作者の別の作品も読んでみたい。

<BOOK>☆☆☆☆★「警官の血」佐々木譲

| | コメント (0)

今週の読書「償い」矢口敦子(01幻冬舎)

 主人公はホームレスの日高。打ち込んでいた仕事も家族も失い絶望し光市へやってきた。この街ではホームレスや障害を持った人など弱者をナイフで狙った連続殺人事件が起きていた。そんなころ日高はある少年と再会する。大学時代にふとしたことで命を救った真人だった。真人には人の心の泣き声が聞こえるという不思議な力が備わっているという。また、刑事の山岸との出会いで殺人事件への興味を深める。動き出した日高だが、殺人事件の陰に真人の姿が垣間見える。動揺する日高だが、少しずつ真相へと近づく。

 わりに淡々とした筆致で、静に終幕まで進む。日高は元エリート脳外科医。息子を突然の病気で亡くしたことから始まる転落が徐々に明らかになる。また、登場人物一人一人が抱える重みが描かれており登場人物の厚みを感じる。人の心の泣き声が聞こえるという多少ファンタジックの味付けはあるもののミステリーを題材にした小説という印象。ものすごく強烈な印象は残らないが確かな読みごたえがある。人間は再生する。生きている限りまた、歩いて行くようになる。ただ、そうなるまでの必要な過程を踏む必要がある。その段階を描いた小説だと思う。

<BOOK>☆☆☆★★「償い」矢口敦子

| | コメント (0)

喜劇の心意気*ザ・マジックアワー*

 ちょっと前、映画「ザ・マジックアワー」を見てきた。三谷幸喜の映画は今のところ欠かさず見ておりますわ。笑いのつぼにきっちり入ります。芸人さんの笑いも嫌ではないけれど。三谷幸喜の独特の「最高のタイミングで、最悪の出来事が起こる」が非常に好きなんだと思う。さて、今回の作品はというと・・・

 あらすじは・・・町を牛耳るボスの愛人に手を出してしまった備後。許されるはずもなく、伝説の殺し屋「デラ・富樫」を連れてくれば助けてやるといわれ、命惜しさにひきうけてしまった。正体不明の殺し屋デラを知るはずもなく、仕方なく映画の撮影だとだまして売れない役者村田を連れてくる。本当のやくざとは知らず、自分の主演映画と信じてやくざと渡り合う村田。さて、結末は・・・

 キャストは主人公備後に妻夫木聡。だまされた役者・村田に佐藤浩市。愛人マリには深津絵里。備後に恋心を抱きいろいろとうその手助けをする夏子。同じく娘?夏子のためにか?色々と手助けする鹿間に伊吹吾朗。ボスに西田敏行。そのほか三谷作品の常連・唐沢寿明、小日向文世、寺島進、戸田恵子、浅野和之、中井貴一、谷原章介、鈴木京香、寺脇康文、天海祐希に山本耕史。ちなみに妻夫木君キャスティングの理由は前作のスタンディングオベーションに感動したためだそう。さすが、ほめられて伸びる男、三谷監督coldsweats01ネタばれすると面白くないので避けますが、噛み合わない状態の噛み合わない人々が強引に進行していく話とでも言いましょうか。思わず笑いがこみあげてくるのに本人たちは真剣極まりないのが面白い。佐藤浩市と西田敏行の怪演ぶりは圧倒されますhappy01この映画は見て損なし。文句なしに楽しいです。

| | コメント (2)

宇多田ヒカル&アジカン

 宇多田ヒカルが最近好き。あのショートヘアがかわいいなあ。私はショートにもう何年していないのだろーか?ショートでもガーリーなのは羨ましい。「ラストフレンズ」の主題歌の「Prisoner Of Love」がドラマにぴったりはまっていて、久々にアルバム「HERT STATION」を買ってみた。捨て曲がなくクォリティが高い。で、耳慣れた曲が多い。タイアップが多いみたいで、ぱっと分かるだけでニュース番組にアジエンス、日清カップヌードルにドラマ(花より男子にラストフレンズ)・・・。聞きやすいはずだ。切ない歌詞が多くて好みです。基本的に女性のボーカルできちんと聞くのはYUKIぐらい、最近興味をもったのもアンジェラ・アキとベニーKなんで、男性ボーカルに比べると間口が狭いなあ、私。(ちなみに男性ボーカルできちんと聞くのはアジカン・バンプ・フジファブリック・スガシカオ・ウルフルズ・くるり・・・結構ある)だから、これは珍しいと思う。お勧めのアルバムです。

HEART STATION

  続いて、アジカンのミニアルバム「未だ見ぬ明日に」。実は出たことに気がついてませんでした・・・先日ちかちゃんからメールをもらいアジカンがFM岡山のトワイライトペイブメントに出演してることを知り、聞いた。(ちかちゃんサンキュー)番組の中で「未だ見ぬ明日に」を流していたのにハートをつかまれた。これいいわ。ということで速攻買いに行きました。全体の色調としては結構1色な感じ。「ワールド・ワールド・ワールド」は流れがすごくあったので、これはミニアルバムが正解かも?こちらはちょっと力強い感じがする。しばらくヘビロテで聞きます。

未だ見ぬ明日に

 以上、最近の音楽ライフでした。しかし、通勤距離が短くなって音楽がじっくり聞けないなあ。今度一人で旅に出ようかな?音楽だけ持って。

| | コメント (0)

ちか家ありがとうございました

003 ちか家の愛媛旅行のお土産でーす。ありがとうございました。坊ちゃん団子は有名ですよねhappy02タルトも四国土産ではメジャーですし~。おいしかったheart01

| | コメント (0)

いつもサンキュー

 壁紙にも使っているキャラメルコーンの入浴剤です。かすかにキャラメルのかおりでした~。ロフトで購入。

D1000122

| | コメント (2)

先日のカフェ部~T.C cafe~

 クレド岡山4Fのカフェにて部活。T.C cafeにはずっと入りたかったので、うれしい。どうも隣の雑貨屋さんタイムレスコンフォートの経営のようです。

 お店の居心地、店員さんの心遣いもなかなか。のどがカラカラだったので、水を一瞬で飲んでしまったのだが、すぐに補充してくれたありがたい。客層はおしゃれ家族や女の子2人組から一人のおじさんまで様々。ワッフルのベリーソースと桂花緑茶をセットで注文。800円ちょいだったかな?添えてあるアイスクリームもおいしく、ワッフルのバターのかすかな塩けともマッチ。なかなかうま~。そして、桂花緑茶もポットサービスでゆったり。なかなかいい感じです。今度はランチ遣いや夜カフェもいいな。

D1000121

<CAFE>☆☆☆☆★T.C cafe クレド岡山

| | コメント (0)

ちょっと前のカフェ部~木々珈琲舎~

 429号線沿いにできていて気になっていた木々珈琲舎にやっと行ってまいりました~。

 店内は天井高めで良い感じ。家具もちょっと高級感があり、ソファも良い感じ。座り心地も良い。お店も広いし大箱といってもいいかな?駐車場も広いし気軽に入れます。

 でも、お値段は高め。私が頼んだのはアイスクリームとブレンド(だったと思う)。アイスクリーム400円・・・高い!コーヒーはまずまず美味しかったし、長居もできたんですが、いかんせん高い。しかし、木を意識し、高級感があり、落ち着いたお店の雰囲気は魅力的です。

002

<CAFE>☆☆★★★木々珈琲舎 倉敷市二子192-1

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »