« 水道管と矢野顕子 | トップページ | 先日のカフェ部~城下カフェ~ »

続・水道管と矢野顕子

 昨日の流れで。矢野顕子について糸井重里さんと坂本龍一さんが語らっているのが、「ほぼ日」にあるんですが。これがまた面白いの。なんというか矢野さんって本能的だな、っていうのが分かる。メソッドとかが明確にない感じ。そういえば、私の周りで音楽をやる人はたいてい勘に優れているなあ。特にドラムをする人はそうだなあ。最も原始的で複雑な楽器って気がする。私も勘で生きているようなところがあるから、聴くのが好きなんだろうか?で、結構日常は勘を抑え込んで仕事をしているところがあるから、車の中や移動中は音楽を強く欲する。関係ないけれど催眠という本を読んでいると音楽もリズムによってトランスに導くそうで。音楽っていうのは本能かもしれませんね

 さらに面白いのが「ほぼ日」上に糸井さんと矢野さんの対談。においと音楽が似ているという話。くるりの岸田繁と矢野さんが一緒に音楽を作っていた時の匂いとの出会いや、9.11の時にものすごく長い間、流れてくる匂いがあったこと・・・そういえば、私も匂いと記憶は直結しているわ・・昔仲が良かったひと。たばこを吸う人でした。たまに別の知り合いからの煙草の匂いをかぎ取ると鮮やかに記憶がよみがえる。車の中での会話とかね。冬に給湯室でのコーヒーと紅茶の香りをかぐと、学生時代によくいった(今も行くけど)モタモの光景を思い出します。考えてみればモタモの匂いはとても好き。今はアロマテラピーをひそかに習ってますが、匂いは私の中でも重めのポジションを取ってます。自分の付けるフレグランスもものすごく吟味したもの。同じように音楽も吟味するし、不意に聞いた音楽で昔の記憶を呼び起されることはままあります。うん、香りと音楽と生きることのつながりは深いです。

 あと、余談。「ほぼ日」で発見!なんと矢野さんエルレガーデンをカバー!しているらしい。曲名は書いてなかったんで謎なんですが・・・矢野版エルレ・・・想像不能です。なので、動画探して聞いてみました。すごい、いい。カバーだから原曲とは全然違う矢野ワールドの中のエルレだけど、でも、エルレの曲の中のいいところはピックアップされててとにかく聞いてみて~。ニコニコ動画にありました。くるりとのセッションもあるけどこれも最高。矢野さんの声と岸田君の声とくるりの演奏と矢野さんの音楽がじゃれあって遊んでる感じですごく幸せな組み合わせです。特にブレーメンはそれまで好きではなかったんですが大好きになりました。

|

« 水道管と矢野顕子 | トップページ | 先日のカフェ部~城下カフェ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水道管と矢野顕子 | トップページ | 先日のカフェ部~城下カフェ~ »