« 京都顛末記3 | トップページ | メリークリスマス »

京都顛末記4

 余り時間がなか039_2 ったので(6時に倉敷で忘年会があったから。どー考えても4時には京都を発たないと!!)、絶対に行きたい場所~鈴虫寺&上賀茂神社~以外は通りすがりを除き行けなかったのが残念でした。絶対、リベンジするぞ!上賀茂神社からカンでバスに乗り京都駅方面へ~。どこに行くんだろうか・・・二条城のあたりを通り、四条烏丸あたりで勘で下車。そういえば、くるりの歌で「四条烏丸西入る~♪」という歌があったなあ、私のカンなんて、そんなもんです。ところでくるりは京都で聞くとなお良いです。あと、電車の中。なんででしょうね?「ハイウェイ」とかは旅の曲だからかな~とも思うんですが・・・車よりは電車やバスが似合う感じです。

 最後にカフェ部遠征@京都。四条烏丸駅近くでバスを降りて、てくてく歩く。完全に通りすがりで惹かれました。これは何でしょう?・・・元小学校を利用した利用して複合施設のようです。明倫小学校という門扉があります。そして、中にはカフェが!

037_2  前田珈琲明倫店というカフェみたいです。古い小学校のレトロな空気の中で、岡山にはない感じのカフェ~。お昼も食べずにすでに2時だったので、がっつりいただくことにします。パスタとかのメニューもあるようですが、期間限定復活という単語に惹かれて味噌チキンサンドを注文。しばし待ちます。お客さんがわらわらと増えています。一人カフェ部はこういうとき若干肩身が狭いです。ごめんなさい。一人で席を取ってさ。一人なので周囲が気になります。背景みたいなもんですが、若干はね。横で女の子たちのおしゃべりが聞こえます。聞く気はなかったんですが「鷲羽山ハイランド」の単語に思わずひかれます。岡山の小さな遊園地035_2話題になっているなんて!!この人たちは岡山県民!?そうだよね~。鷲羽山ハイランドのジェットコースターはある意味怖いです。と、心でうなづいてみる。

 さて、これが味噌チキンサンド。肉ががっつりと入っていておいしい。ちと味が濃かったけれど、疲れていたのでこれもまたよし。

 結構長時間過ごしたので、次なる目標、伊兵衛の本店に駆け足でgo!地下鉄烏丸御池の近くのはず。ここに行きたかった。関連のお店(永楽屋とか。手ぬぐいの本も出ているようです)もたくさんあるようですが、今回はバックが狙い!他にもここで手ぬぐいや、バックを物色するぞ~、で、買っちゃうぞー。とやる気満々です。で、買ったのはこれ!竹柄のななめがけバックです。(正確にはショルダートートというよう)詳しくはお店のホームページへ。何枚かお土産用に手ハンも買う。もう目移りしてしまう。和がらが好きな人にはたまらない店です。で、がっちり作ってあるからヘビロテで使えそうです。ちなみにお土産のハンカチはたこさんにバカ受けでした。ロックでしょ?

 お店を出るともはや、時間がない!四条烏丸駅コインロッカーにバックを置いていたので、四条烏丸まで激走!地下鉄で京都駅に向かい、絶対買いたかった笹屋伊織のどら焼きをJR京都伊勢丹で手にいれ、頼まれていたものを買うともう4時!新幹線へ飛び乗り、岡山へと向かったのでした。そうそう、お土産に買った笹屋伊織のどら焼きはほんとーに美味しかった!あっさりとした甘みで好評でした。私の中の京都土産の定番になりそうです。

D1000270

 京都顛末記はこれで本篇が一応終了です。お付き合いありがとうございました。もしかしたらちょこっと写真のみの記事を出すかもしれません。

てぬぐい手帳―京都・永楽屋、RAAKの心得 Book てぬぐい手帳―京都・永楽屋、RAAKの心得

著者:永楽屋 細辻伊兵衛商店
販売元:アスキーメディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 京都顛末記3 | トップページ | メリークリスマス »

カフェ部」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

楽しい京都顛末記をありがとうございました。事前の下調べがバッチリなので、たくさんお土産も購入されたようですね。絶対行きたかった二箇所は、漏れなく行くことができて、良かったですね。お疲れ様でした。
それにしても、リンクをはってくださったショップのホームページは、どこも立派なものですね。プロが作っているんですね。ホームページビルダーの資格を持っていますが、あんなに立派なホームページは作れません。他のソフトや言語を駆使して作っているのでしょうね。勉強になりました。
最終日は時間に追われたのでしょうか。でも、きっとよい京都旅行だったのでしょう。お友達思いのonomotさん。きっと皆さん、onomotさんからのお土産が嬉しかったことでしょうpresent

投稿: ぴろろ | 2008年12月22日 (月) 16時37分

 今回は京都で使える時間があまりなかったので下調べはばっちりしました。あと、雑誌とかで素敵!と思うものが京都にゆかりが多くて記憶に残っていました、これもご縁でしょうねsmile
 ビルダーの資格をお持ちなんですね~。すごいです。何回か研修で使用しましたが、幸か不幸かHPの係になることがなく使用したことがないです。大手や老舗企業のホームぺージはセンスがいいのが多くて本当に素敵ですね。イメージを裏切りませんし。私のお勧めは六盛のお弁当と伊兵衛という和雑貨のブランドです。京都の古さとデザインのモダンさがどちらもたまりませんheart01
 裏話ですが、上司に宝くじ購入を頼まれて、まさに京都駅を激走しました。なかなか売り場が見つからず、駅員さんに尋ねたところ「のぼりが立っているところだよ」とのこと。聞いた場所にはなぜか愛知県岡崎市のPRののぼりが・・・結局岡崎市のPRが目立ちすぎて、その脇にあった宝くじ売り場が埋もれていたというオチでしたが、心の中に「京都で買ったふりをして倉敷で買ったのを渡そうかしら」と悪魔がささやきましたshock買えて良かったですsweat01

投稿: ぴろろさんへ | 2008年12月22日 (月) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都顛末記3 | トップページ | メリークリスマス »