« 話し合い@あぶり五六八 | トップページ | 海を越えて再会 »

その名もエロス

 皆さんは、コーヒー党ですか?紅茶党ですか?もしかしたら中国茶派もいるかもしれないし、緑茶好きもいらっしゃるかも・・・はたまた、ハーブティー派もいるかな、ですが。私はどれもおいしくいただけます~。就職するまで、コーヒーが飲めませんでした。就職してからコーヒーを淹れたり、淹れていただいたりもして飲めるようになりました。今では割と好きですが、好みで飲むなら圧倒的に紅茶です。最近気に行っているのはマリアージュフレールというメーカーのです。ルピシアとかのフレーバーティーも良いのですが、結構たくさんの方が飲んでいらっしゃる。ひねくれものの私としては違うのも飲んでみたいのです。

 今までよく飲んでいたのはマルコポーロというフレーバーティ。香りが高くていい感じです。チベットの花やフルーツで香りづけをしているそうです。確かに、フルーツっぽい感じです。今回買ったのはエロス。ちょっと色っぽくなろうかと・・・というわけではないですが。こちらはよりお花っぽい香りです。茶葉に青い花が混ぜられているのがトワイニングスのレディグレイっぽいです。マルコポーロの方がとっつきやすいかな?という気がしますが、エロスもなかなかです。岡山のトレンドで買いましたが、他に置いてあったのはダージリン(だったっけ?)とアールグレイのみ。もっと種類004 が増えるといいなあ。いずれも2000円を境に多少前後があります。(2000円切ると安いといってもいいかも?)多少お高いですが、リラックスしたいときに良いです。お勧めです。ラベルや缶がフランスらしくて高級感あり!

13.6%OFFフランス流紅茶の芸術品♪ 1番人気♪マリアージュフレールマルコポーロ100g 13.6%OFFフランス流紅茶の芸術品♪ 1番人気♪マリアージュフレールマルコポーロ100g

販売元:ガーデニングと雑貨 タジーマジー
楽天市場で詳細を確認する

14%OFFフランス流紅茶の芸術品マリアージュフレール エロス100g 14%OFFフランス流紅茶の芸術品マリアージュフレール エロス100g

販売元:ガーデニングと雑貨 タジーマジー
楽天市場で詳細を確認する

|

« 話し合い@あぶり五六八 | トップページ | 海を越えて再会 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

私はコーヒー派ですね。でも、ブラックでは飲めないので、ミルクとお砂糖を入れます。外食時はほとんどコーヒー(アイスがあれば冬でもアイスコーヒー)を注文します。でも、一番はカフェ・オ・レでしょうか。
おかわり自由のレストランで友達とゆっくりおしゃべりするような時は、アイスティーを注文します。アイスティーなら、シロップなしでも飲めますから。最近、ソフトドリンクならおかわり自由というレストランが増えている気がします。ドリンクバーではなく店員さんが運んで来てくれるタイプのものなので、おいしいし、衛生面でも安心(ドリンクバーの機械は不衛生だと聞いたことがあります)。沖縄で注文したアイスティー、氷まで紅茶でできていました。融けても薄まらない配慮が嬉しかったものです。
普段、家では、一年中、烏龍茶と麦茶を冷蔵庫で用意しています。朝昼晩の食事の際には、必ず、この冷たいお茶がグラスに注がれます。主人も私も、食事の際は冷たいお茶派です。午後のおやつの時間などで、cafeホットコーヒーや紅茶、梅こぶ茶、しいたけ茶などが登場します。

投稿: ぴろろ | 2008年12月28日 (日) 09時01分

 私もコーヒーにはミルク派です。うちのあたりはまだドリンクバーが主流ですね。うーん不衛生だったのかあ。それなら出してもらう方がいいですね。関東の流れが中国地方にも来てほしいもんですheart04
 私は転職歴はないんですが、結構広範な移動をする職業なので、職場によってお茶体制は違います。みんなでお金を出し合ってするのは共通ですが。最初の職場は買い出し担当が異様に凝っていたので珈琲、紅茶、フレーバーティにハーブティ、夏は麦茶など種類豊富でした。そのうち私も買い出し担当になり通販のコーヒー会社とかに詳しくなりましたsweat02お茶まで気持ちがいくから結構いい職場だったかも?次の職場は給湯室が穴倉みたいに狭くてインスタント珈琲と夏場の麦茶のみ。ちなみに人間関係も悪かったcatface余裕がなかったんですね。お茶一つでも結構振り返れますね・・・
 家では私は温かいお茶は基本で、食事の時も水分がないとダメなんです。夏は麦茶ですね。うちでは緑茶が基本で一息つくときに紅茶とハーブティが定番ですね。梅こぶ茶も冬にはいただきます。お茶って奥が深くてでも手軽な楽しみですhappy01

投稿: ぴろろさんへ | 2008年12月28日 (日) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 話し合い@あぶり五六八 | トップページ | 海を越えて再会 »