« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

うれしいおまけ。

 先日、殺菌作用のあるティートゥリーのオイルを買いに総社のファインファインに行ってきました。以前の記事はこちら。オイルは無事手に入れました。

009 そしたら、おまけにオルゴールのCDをいただきました。結構よく聞く曲だったのでうれしかったです。こういう些細な心遣いがよいですよねheart04オイルもいわゆるエッセンシャルオイルがおいてあったので、次はローズマリーのオイルを手に入れてみようかな?

 風邪引きの季節、ティートゥリー、活躍しそうです。

| | コメント (0)

ちょっといたずら

 風邪や、鼻づまりの時に大活躍するのがコレ!

012 チロルチョコではありません(笑)。ミンティアのドライハードです。ものすごくミントが強力で、結構な鼻づまりも撃退できますwinkただし・・・強力すぎて、この前鼻づまりの先輩にあげたら(しかもかみ砕くとすーっとしますよと言ったもんだから)「辛い!」と叱られました。そのくらいハードな味です。

ちなみに一緒に写っているチロルチョコの舞はおいしかったです。私の大好きな、抹茶味ときなこ味が激うまです。

| | コメント (2)

お好み焼き考

 カレー、おでん、豚汁、シチュー、お好み焼きが冬の私の定番です。・・・どれも2日くらいは続けて食べれる保存性においしさ。これはずぼら一人暮らしOL(?)の強い味方ですshine私自体は料理が決して上手ではないですが、自炊はできるだけしたいと思っています。というか、自炊しなくては安月給のこの身の上は養えません。でも、総菜&冷凍食品半額セールは好きですsmileああ、矛盾。

 さて、よく話題で「お宅のカレーライスの味の決め手は?」というのがありませんか?カレーほど、その家の特徴が出る味付けはないですしね。友達の家のソースを入れるとかは驚きました。

 私は実はお好み焼きも結構特徴があるかなと思っています。実家のお好み焼きは思い出すのも切ない。中に火が通ってないどえらくまずいものでしたweepだから、自分でお好み焼きを作りだしたのも最近です。冷凍食品のお好み焼きを食べたらおいしくて・・・なら作るか!という発想で取り組んでみました。作ってみれば下手でもそこそこおいしく作れるものでした。たぶん、実家が常軌を逸するくらいまずいんでしょう。私の両親も悪気はないんでしょうが、ひどく料理が下手なんだと思います。

 さて、お好み焼き作りに話を戻すと・・・広島風に関西風、山芋を入れる、岡山にはかきおこ(カキの入ったお好み焼き)なんてのもあります。私はキャベツが余った時に作りますが、基本キャベツ・ネギ・時にはモヤシ、桜エビ、あげ玉、だし汁です。ネギ、結構おいしいです。桜エビも味の決め手かも?焼けた部分がかりっとしていておいしい。ちなみに、細木数子レシピで学んだ、牛乳とベーコンも入れるようにしましたが、これもうまいhappy02。細木数子は物議を醸す方ですが、こと、料理に関しては無条件に尊敬です。ベーコン&牛乳お試しくださいね。野菜がどっさりとれておいしいお好み焼き。貧しい私の味方だわ!

 以前にちか家で食べたお好み焼きもおいしかった。ここで、牛スジを入れるのとあげ玉を入れるのにはまりました。ちかさんは料理上手です。旦那ちゃんが羨ましいなあ。私も嫁に欲しいです。広島に友達と行った時に、ふつーのぼろな家風の店に案内され、行ったお好み焼きもおいしかった。あの手際の良さは職人芸だと思う。あと、広島に時々出没するたこさんお勧めの、広島駅のお好み焼きの店麗ちゃんも好きです。いつ行っても繁盛してます。

 ちなみにかきおこ食べたことがありません。食べたいよ~。

| | コメント (2)

クレーマー

 週末図書館に行って来た。

 予約していた本が届いたので、整体に行った帰りに結構あわてて行った。閉館の時間近かった。と、カウンターを占領している中年女性がいた。延々何か文句を言っている。うーん、どいて欲しいんだけどなあ。と思っていたら気を遣って別の司書さんが対応してくれた。

 新刊をチェックしていると例の中年女性、まだ何か言っている・・・実は私、結構記憶力がいい。その記憶がふと呼び覚まされる。あー、この人、前にも文句いっていたぞ。そのときにはピンクの服を着ていたなあ。

 結局閉館まで、一人の係員を捕まえて延々文句を言っていた。いきさつは知らない。けれど、前にもあれだけ派手に文句言っていたんだから、フツーそれだけ気にくわなければ、来ないぞ。

 で、ふと思う。私にとって図書館はありがたい。ただで温かくて、リクエストすれば本を用意してくれて、時に返すのが遅くなって申し訳ない気持ちにすらなる。いろいろ手配してくれて、感謝こそすれ怒りをぶつける場ではない。それもただでサービスを提供してもらっているのだから、本当にありがたく思う。

 中年女性の怒りは正当なものだったのかもしれない。けれど、しょっちゅう図書館にいるわけでもない私が二回もクレームをつけている場面を目撃したと言うことは、この人はおそらくしばしばクレームをつけているのだろう。公共の施設であの態度はいただけない。だいたい、図書館で静かにするのは常識だし、私自身、お店とかでクレームをつけるときと言うのはほかの客の目立たないところでつける。それが、その場所に責任を持てない私なりの責任の持ち方だと思うからだ。

 図書館は公共の場だから、言われっぱなしだ。反論すらほぼできないに違いない。圧倒的に弱い立場の人間にああいう、態度は大人としてどうかと思う。最近、モンスターピアレントなど対行政暴力が取り上げられることがある。ああいうのがそれに当たるのかと思うと何となく、モラルの低下が実感できる。要はお互いのちょっとした思いやりのような気がするのだ。ああいう、行為で日頃の溜飲を下げるのは人としての品性を疑う。大人ならもっとスマートな注意の喚起の仕方ができるはずだ。ちょっと考えさせられた週末だった。

さて、良いこともありますね~。おくりびとがアカデミー賞を受賞しましたね。私、アンコール上映で見ることができましたが、本当に素晴らしい作品でした。納棺師という聞き慣れない仕事にスポットを当て、見事に描ききっていました。私がいいなあ~と思ったのは先輩納棺師の山崎努。飄々としてでも仕事のすごみも見せる難役で、本木雅弘演じる主人公の背中を押したり、引っ張ったりと良い働きを示す役でした。見直したのが広末涼子、納棺師の妻を初々しく、とまどいつつ、拒み、そして受け入れと揺れる役をかわいらしく演じています。本当にキュートで見直しました!コレは本当にDVDでも良いから見て欲しい映画です。死者への尊厳をこんなに感じさせる映画もないと思います。死を描くことで生を描く秀作だと思います。

| | コメント (0)

最近のお酒ブーム

002_2  基本、お酒は飲みませんが。たまに晩酌したくなることがあります。日本酒と梅酒が好きですが、最近のブームはマカディア。以前にサントリーの自称窓際OLの斉藤由香さんのエッセイで「マカ」のことがひたすら書いてありました。かといってマカを買う気にもならず。(基本的には精力剤なんだと思います。私に精力剤はちょっと・・・)マカのお酒があると知り、買って見ました。このマカ、女性にも良いそうで。何でも強壮作用があるそうで、体のリズムを整えたりするそうです。ちなみにこのお酒、ローズヒップもつけ込んであるので、美白にも効果があるかも?結構アルコール度数が強いのですぐ酔います。果汁100パーセントのジュースと混ぜるとおいしいです。あんまり癖もなくすんなり飲めます。

【リキュール】macadia 〜マカディア〜 600ml 【リキュール】macadia 〜マカディア〜 600ml

販売元:リカーショップ Wel-TA
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (2)

今週の読書「八月の路上に捨てる」伊藤たかみ(06文春)

 2006年の芥川賞受賞作品です。伊藤さんの本は初めてと思っていましたが、著者の略歴を読んでみると、「ぎぶそん」を読んでいました。「ぎぶそん」もどうにもならない青春感が好きでした。

 さて、本書のあらすじはと言うと・・・8月の暑い中、中年女性の水城さんと自動販売機に飲み物を運ぶアルバイトをしている僕は、離婚をしようとしていた。仲良し、とかではないがどことなく心を開いている水城さんに離婚の話をし始める僕・・・。妻の知恵子とは大学時代の同級生。脚本家を目指してアルバイト生活を続くル僕と結婚した。知恵子は編集者でそれなりに稼いでいたが、人間関係に疲れ、次第に心を病み、仕事を辞める。知恵子の稼ぎに依存していた生活だったため、僕はアルバイトを増やす。何となく、脚本家の目はないと悟り始めていた僕は、知恵子のリタイヤは良い口実だったのかもしれない。次第に心がずれていく二人。ついに離婚になるが・・・

 あらすじで結構書いたが、二人の心のすれ違いは読み応えがある。安定感のない二人、どことなく大人になりきれていない二人は読んでいて胸が痛い。わかっていても、不安定な仕事や収入は心までも不安定にさせていく様が、現在の情勢とも相まって、胸に迫る。しかしもっと切ないのは人の心のずるさと危うさ。誰にも危うさを胸に持ちつつ生きていることをふと正視することがある。そういうことを喚起させる話だと思う。

<BOOK>☆☆☆☆★「八月の路上に捨てる」伊藤たかみ

八月の路上に捨てる  

 

| | コメント (0)

今回の戦利品@モタモ

005_2 カードケースです。世間はチェックがブームですが、私の中ではドットがブームですheart01本当にカードってたまるもので・・・ふとしたときに使うから、捨てるのも・・・財布に入れると財布がすごいことになりますしね。今使っているカードケースは洗濯しても薄汚れたので、モタモに行って新しいのを買ってきました!かわいいでしょう?

 この日のモタモのイメージはアリスinワンダーランド的なインテリアでまったりしてきました。そういえば、もう、展覧会の時期かな?今回はいけませんが楽しみです。

 モタモのホームページを見たら告知があるかも? 

| | コメント (0)

風邪の自然治癒はだいたい1週間

 先週火曜日に、風邪を引いて、しかもけっこうひどかったです。

 しかし何とか回復。みなさま、お見舞いありがとうございました。私の職場は人がよく集まる場所なので、インフルエンザや風邪の温床になりがち。インフルエンザは予防接種を受けていたのでセーフでしたが、風邪は意外でした。で、今年度2回目の風邪のテーマは「病院に行かない」・・・インフルエンザなら迷わず行くんですが、風邪なら体力が落ちているところにさらにインフルエンザまでいただく結果になりそうで・・・ならば、自力で治す。また、病院に行くと抗生剤が処方されます。ありがたいんですが、私、以前ピロリ菌の除菌に失敗していて・・・しかも2回も!ほとんどの人が1度で除菌できるのに2回も除菌ができなかったということは・・・結構抗生剤に強いピロリが住んでいるんだろうな・・・と推測されます。だから、あんまり抗生剤を飲みたくないんですよね。インフルエンザならあきらめも付くけど、たかが風邪で!というのが悔しいし。ということで、7個のポイントを持って、風邪と闘いました。

ルルゴールド・・・薬の中では相性が合うようです。特に鼻水が止まります。

②500円以上の栄養ドリンク(ユンケルとか)・・・お湯で割って、食後に風邪薬を飲む前に飲みました。お湯で割るがポイント!

③換気とアロマオイル・・・部屋に帰ったら、抗ウィルス作用があるという「ティートゥリー・レモングラス」を焚きました。特にティートゥリーを手に入れてからは治りが早かった気が・・・後はティートゥリーか日本薬局方のハッカ油(普通のミントオイルの2倍入っていてほぼ同額でした。おすすめ!)をティッシュにしみこませて、ハンカチでくるんで鼻を押さえていました。これも、鼻がすーっとしてなかなかでした。

④寝る・・・飽きるまで寝ました

⑤果汁100パーセントのオレンジジュース・・・食欲がなくてもビタミン補給!

⑥ハーブティー・・・免疫力を高めるというエキナセア、初期の風邪に良いというカモミール&スペアミント、ビタミン補給のローズヒップをのどに良いという蜂蜜を入れて、ひたすら飲みました。

⑦生姜湯・・・定番です。

 いつもは医者に行ってももっと引きずるのですが、今回は治りが早かったです。もはや根性。火曜日に引きましたが、日曜日にサックスのコンサートに行くために、根性で治しました。最近アロマテラピーを習っているせいか、アロマ&ハーブもじわじわ効いた気がします。後は引きはじめの見極めが早かったのが良かったかな?ただ、風邪の後にくる鼻炎は根性で治せませんでした。やっと重い腰を上げて月曜日に耳鼻科に行きましたが、いつもの風邪の後よりは軽かったらしく、抗アレルギー剤が一種類でたのみでした。風邪自体の引いていた期間は約一週間で、私としては早く直りました。2週間は引きずるもの。次回からの教訓で、風邪の引きはじめには少し高くてもユンケル&ルルゴールドそして寝る!それでも駄目ならハーブ類をプラスする、でがんばります。しかしもう今シーズンは風邪を引きたくないなあ~。アロマオイルはおすすめです。特に鼻の症状がひどい方は

生活の木 C ティートゥリー エッセンシャルオイル 10ml ハッカ油P 20ml新ルルAゴールド 100錠 (錠剤)   第一三共ヘルスケア リプトン ハーブティー リラックスナイト ティーバッグ 10袋  

| | コメント (0)

今週の読書「ほどけるとける」大島真寿美(06角川)

 大島さんの本は初めて読みます。

 この本の印象はゆるゆるとした感じ。あらすじはと言うと・・・美和は高校を中退し、祖父の家業である銭湯でアルバイトをしている。しかし、意欲があるわけでもなく、ほかのアルバイトもあっさりやめたため仕方なく、である。そんな美和だが、銭湯に足繁く通う客とゆるゆると交流を持ち始める。常連の佐紀さんの仕事関係の人、君津さんとつきあい始めたり、大和湯のマッサージルームでマッサージをしたり。社会性0に見えた美和もゆっくりとほどけるように前に向いていき出します。

 エネルギーにあふれた話ではないけれど、いつの間にか歩き出している。そういう話です。今は前を向く元気がない人にもおすすめします。

 また、大島さんの作品を読んでみたいです。

<BOOK>☆☆☆☆★「ほどけるとける」大島真寿美

ほどけるとける

| | コメント (0)

今週の読書「ダーティ・ワーク」絲山秋子(07集英社)

 連作短編集です。いろいろな人が主人公で登場しますが、最終的には熊井望とTTを中心に回ります。

 熊井望はギタリスト。スタジオミュージシャンとしてギター中心のシンプルな生活をしている。取っつきにくく、男っぽい性格だ。男とつきあったりもするが、基本的に頭にあるのは仲間として音楽をやっていたTTのこと。よく似た二人だが、あることが原因で別離した。

 望とTTの再会は意外な形で訪れます。そこからの二人の寄り添い方は好きです。出だしの乾いた感じからの、ラストは救いがあります。個人的に小説は主人公を愛せるか、だと思っています。熊井とTTは愛すべき人物だと思います。

 ちょっと疑問なのが表題と中身が私の中で一致しませんでした。なぜだろう?

 音楽好きの方はおすすめ。ギターやらベースやらが出てきて楽しいです(と思う)。

<BOOK>☆☆☆☆★「ダーティ・ワーク」絲山秋子

ダーティ・ワーク

| | コメント (0)

バレンタイン前夜だというに…

バレンタイン前夜だというに…
風邪引いてます。
故に今週,不機嫌でした。私の周りの人,すいませんでした!一応お詫びじゃないですが仕事関係者にはロイズの生チョコを配りましたm(_ _)m男女差別ナシで!お世話になるのに男女はカンケーないわ。今年は風邪のため近場のお店で手抜きしました…まあロイズなら外れではないはず。自分用は明日食します☆
では皆様,HAPPYバレンタイン♪私は今夜は栄養ドリンクじゃ…四川虫草益精…効くかな?ちなみに普段はユンケル派です。

楽天最安値に挑戦!滋養強壮・栄養補給に!最大ポイント10倍 2/19(木)9:59まで サトウ製薬 ユンケル黄帝 顆粒 (18包)

ちなみに今年のチョコはこれです。好評だったしね。おいしかったよ♪

ロイズ 生チョコレート ホワイト ロイズ 生チョコレート ホワイト

販売元:北海道お土産探検隊
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (4)

離婚弁護士に・・・

 天海祐希主演の離婚弁護士のDVDにはまっています。

 レンタルDVD屋さんで半額デーの時に借りて、はまりました!今更ですが・・・キャリア弁護士の間宮貴子は同僚とともに独立するも、妨害に遭い、得意分野の渉外ができなくなる。やってくるのは家事事件ばかり。誇り高い貴子の意に染む依頼は全くないが、事務所の維持のために仕方なく取り組む。しかし、次第に事件に対して深く肩入れすることに・・・

 単なる、肩入れ人情弁護士ならよくある話ですが、貴子は凄腕。なんだかんだ言いながら依頼人の利益になるよう、懸命にがんばり、勝ち取っていきます。そこがかっこよく、小気味よいです。フォローするパラリーガルの津川雅彦もよい感じです。よきお父さんであり、よき参謀。津川雅彦がフューチャーされている回は必見です。脇を固める「かっこいいラクダ」佐々木蔵之介、受付嬢のミムラも良い感じ。ちょっとお馬鹿ででも心優しい助手の玉山鉄二もよいです。

 もちろん2も見ますよ。楽しみ!

離婚弁護士 DVD-BOX DVD 離婚弁護士 DVD-BOX

販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2004/09/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

今週の読書「めぐみ」栗原恵(08実業之友社)

 最近、風邪気味です。鼻水が出たので風邪の友、ルルゴールドを飲んで寝たら、のどが渇いてしょうがないです。でも、鼻水は止まってます。野菜をしっかりとって体調管理がんばりますscissors

 さて、ただいまVリーグ開幕中。以前に2度岡山シーガルズのホーム、岡山で試合があったのをきっかけにVリーグを見に行ったことがあります。今年も一度見に行く予定ですup

 で、気になったのが、日本代表で、パイオニアのエース、栗原恵さんの著書。栗原さんの経歴はバレーボール選手でも異色。広島県の能美島出身で中学校でバレーボールの強豪校へ転校するため、一人暮らし。高校は中国地方の中でも強豪の山口県の三田尻女子高校へ。社会人では当時は圧倒的な強さを誇るNECへ。日本代表に選出され19歳でオリンピック出場、Vリーグで戦うも、NEC退社。パイオニアレッドウィングスに移籍。1年の出場停止の後、選手生命に関わる故障。故障を克服後、北京オリンピック出場。輝かしくも波乱に富んでいる。

 著書でも、その時々の気持ちがつづられていて、まじめでストイックな人柄が伺えます。まず、中学生で一人暮らしをしてまでバレーを選ぶところから根性がある。そして、高校での「笑う訓練」。確かに厳しい部活では笑ってはいけないような雰囲気があります(ちなみに私、ド下手ですが、中学時代は部活一筋でした。殴られるなんてフツーの雰囲気でした)。そのためにいつの間にか笑えなくなっていた・・・どれだけ打ち込んでいたか、わかるエピソードです。そして、NEC退社。当時はひどく驚きましたが、自分のプレースタイルを見つめ、最もあうところに移籍という決断というのが、立派。彼女のバレー人生は節目節目で自分で決断するところが好ましい。

 彼女はそのルックスの良さからアイドル視される傾向が強いですが、なかなかにプロ意識が強く、バレーに対する上昇意識はすごい!ますます磨きをかけて欲しいな、と思います。個人的な希望ですが、いつかはイタリアのプロリーグ等に行って欲しい。著書でもふれられているサッカーの中田英寿さんのように。彼女のようなタイプは海外でのプレーもあっていると思います。そして、日本代表をもっと高いところに押し上げて欲しいと思います。

 余談ですが、岡山シーガルズの選手があんまり笑わないのが残念です・・・スパイクやブロックを決めたときは意図的にでも笑って欲しいなー。高校生の部活みたいで寂しい。

<BOOK>☆☆☆★★「めぐみ」栗原恵

めぐみ MEGUMI Book めぐみ MEGUMI

著者:栗原 恵
販売元:実業之日本社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

新ranaqに行ってきました。

 先日お葉書をいただいたranaqに行ってきました。あー、時間が結構たっちゃったな。

 住宅街の中のわかりにくい場所ですが、隠れ家的。ほっと落ち着く店内でした。場所は倉敷市八王寺。イオンの近くです。

 基本的には雑貨屋さんですが、お茶と小さなケーキも出してくれます。

D1000549  ポットサービスがうれしいです。シールが貼られた後も味がある古い机が良い感じです。ケーキは焼きたてだったのか、ほんのり温かくチョコレートの溶け具合がなかなかでした。

 店内は雑貨がたくさん。既製品から手作り感がある雑貨まで。本日買ったのはクラフトテープに、京都本に一筆箋です。一筆箋は仕事でよく使います。しっかり書くほどではないけれど、ちょっとした連絡もできればかわいいものを使いたいんですよね~。

D1000542  鳥モチーフがキュートです。京都本はまた紹介します。京都は沖縄と並んで好きな土地。沖縄と違って手軽にいけるのも良いです。今度はこれを片手に京都を歩きたい。一人でも複数でも楽しい町なんですよね。クラフトテープは段ボールの箱に張ってもの入れをリニューアルにするつもりです。

 今回はお店の方に許可をいただいて写真をたくさん撮らせていただきました。ありがとうございます。お店の名前の由来にもなったというラナンキュラスの写真をお楽しみ下さいheart01

新店舗の住所は倉敷市八王寺250。黄緑色の壁の建物です。小さな川を渡ったところです。D1000547 D1000548 D1000550

PS、ちかちゃん、サンキュー。おかげで助かりました。

| | コメント (0)

ランチ@polpobis

 先日、冷や冷やしながら食事したランチ・・・でも、味・雰囲気はよかったです。若干飾りすぎかとも思ったけど。たぶんそれは前に入っていた店の印象が強すぎたからだとは思います。

 この店はメイグイファという中国茶のカフェの後にはいっています。場所は桃太郎大通りの両備不動産の裏。シナジーの隣のビルの2F。ランチ遣いで利用。地中海地方料理というジャンルのようで・・・ランチのお値段は1200円で、パエリア・パスタ・ガレット(スペイン・イタリア・フランスなるほど地中海!)から選べます。それらメインに前菜の盛り合わせ、スープあるいはサラダ、飲み物でランチとなります。私はパエリアをセレクト。見た目は少なめです。ですが、量は適度。結構おいしかったです。どっちかというと前菜がこっていておすすめ。お店の雰囲気や眺めもよくランチをとるにはいいかも?また行きたいです。そして、食べたことがないガレットが食べたい・・・この日はケータイのバッテリー切れで写真はなし!すみません。

<EAT>☆☆☆☆★polpobis 岡山市天神町2-1(昼・夜しているようです)

| | コメント (0)

古くは中西・今はエルレ

コネタマ参加中: 聴くと気合が入る曲を教えて!

 これは語ると長いかも?付いてきて下さい!

 朝が弱い私。にもかかわらず中学時代は朝練のある部活に明け暮れていました。なので、朝の音楽をかけるのは必然・・・中学時代の私の大好きな歌手は、なぜか中西圭三・・・割とポジティブな曲を歌っていました。「Steps」というアルバムが大好きで聞いていました。特に2曲目の「glory days」は大好き!高校入試といえば中西圭三がとっさに浮かんできます。あとは永井真理子さんも大好きで「やさしくなりたい」もよく聞きました。

 高校時代はNHKーFMで谷村有美さんが大好きになって、これまた、アルバムを何回も聴いていました。特に「今が好き」という曲は好きでした。結構小中学生の頃は「未来は明るい」とか教わりますよね?割にまじめだったので素直に信じていましたが、この曲は現在に視点を置いていたのが新鮮で・・・アルバムを繰り返し繰り返し聞きました。見た目の可憐さとは裏腹に谷村さんのDJは元気でFMも絶対聞いていました。後日知り合うことになる友人のNくんは谷村ファンで、何回も谷村さんの曲で盛り上がりました。谷村さんを聞くと気合いが入ります。やるぞ!という感じ。

 中西さんや谷村さんはメロディメーカーとしても優れているので、今ではほかのアーティストに楽曲提供していたりして、ご活躍ですね。ううう、聞き返したくなった。

 そして大学時代・・・ピチカートファイブにジュディマリ、スガシカオ、椎名林檎、くるりにはまります。・・・・暗い曲の良さもわかりだした。ピチカートは「東京は夜の7時」「ベイビーポータブルロック」にはまりほとんどBGM。解散は残念だった。ジュディマリは「クラッシック」「そばかす」が好きでした。そばかすがある人はあまり気に入らなかったみたいですが・・・ねえ、ちかちゃん。スガシカオはちかちゃんの影響。おかげで未だに好きです。ありがとう。椎名林檎はえろくて好きだった。「本能」は繰り返し聞きました。倖田來未も目じゃないくらいエロかっこよかったっす。そしてくるりでロックにはまる。「ばらの花」は今でもよく聞きます。音楽で気合いを入れないといけないほどの困難はなかったので、本当に音を楽しむ感じ。

 就職すると、とにかく起きるためにロック。ウルフルズ、くるり、アジカン、YUKIなんかがレギュラーメンバーです。特にYUKIの「ふがいないや」はよく聞いていました。今はエルレガーデンが朝のテーマです。「Fire clacker」や「red hot」が今の気分です。気合い、入りますよ。戦うぜ!という感じ。だからといって仕事で闘争しているわけではないんですが。おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコか?

 先日、倉敷に行く用がありまして・・・帰りに倉敷のロフトで湯たんぽを買いました♪

012

 湯たんぽは子供の頃なぜか、弟のみ母が作って渡していました。普通「女の子は冷えるから」と言われて育つそうですが、私は言われて育った覚えがないです。結構、寒さに強かったんだろうか?そういえば、マフラーやイヤーマフも買ってもらったことがないです。だから、ガードルとかを買ったこともありませんでした。ちなみにこの湯たんぽ、後年は犬が使っていました。実家の犬は犬小屋の中で湯たんぽを抱き、毛布をかぶり、人間のように寝ていました。その時の無骨な湯たんぽのイメージが強くて、「湯たんぽなんて~」と思っていましたが、今年はかわいい湯たんぽが出回っていて、ひそかに良いなと思っていました。で、ロフトで安売りしていたので購入。1300円から1400円くらいでした。早速ひざ掛けの下で抱えたり、寝るときは布団の中へ入れたり、大活躍です。もうちょっと大きいサイズでもよかったかな~。

| | コメント (4)

モーニング@カフェ~f100cafe~

 朝、早めの用事があって倉敷に行きました。以前行ったことがあるf100cafe(場所とかはリンク見てね)によると、モーニングをやっているようです。そういえば、モーニングを食べるのは旅行の時くらい。頼んでみることにしました。

D1000328  ポットカバーが手拭いなのがかわいい。(アスパラガスの柄です)ここは紅茶にこだわってらっしゃって、オーナーさんとの紅茶の話は楽しかったです。ティージュの紅茶を使ってらっしゃるそうで・・・今度は買って帰ろうかな?土日に早起きができない私ですが、今度モーニング狙いで行ってみようかな?おまけにプティ・ブーレ(ここも以前に買ったことがあっていい感じでした)のパウンドケーキを出していただきました。こちらもおいしかったですよ♪

<CAFE>☆☆☆☆★f100cafe

f100cafeの近くにあった雑貨屋さんのranaqがしまっていました。・・・がーん。と思っていましたが、家に帰ってみてranaqからはがきが届いていました。移転されたそうです。そちらもいってみたので、また、かきまーす。

2月に入ったし、1月のブログ強化月間(と勝手に決めていた)を終えて、マイペース更新に戻します。相変わらずのゆるゆるペースでがんばります(?)

| | コメント (2)

復活!東京サンシャインボーイズ

 阿南健治さんの所属事務所からのメールで、東京サンシャインボーイズの復活のお知らせがありました!!

 東京サンシャインボーイズといえばなぜか、倉敷市芸文館でラスト公演を迎えた演劇集団。三谷幸喜氏を中心に、小林隆(新撰組!の源さんといえばわかるかな)、西村雅彦(もう周知の人でしょう)、相島一之(富豪刑事、新撰組)、甲本雅裕(リンダリンダリンダ、踊る大捜査線など)、梶原善(王様のレストラン)、宮地雅子(すずらん)、故伊藤俊人、阿南健治(ごくせん)などすばらしい役者がいる喜劇を中心とした芝居をしていたところです。

 私はラスト公演の「罠」をみてはまりました。こんなにおもしろいのに、何で充電期間が30年!と思ったものです。今年で休業も15年目を迎えたそうです。再集結のいきさつはホームグランドともいえるシアタートップスの廃業によるとのこと。シアタートップスの最後に花を飾るべく、相島一之さんの奔走で再結集が決まったそうです。60分という短い演目です。そして、3月という忙しい時期・・・でも、がんばってチケットを手に入れたい。(難しいだろうけど)とれたらいいなあ。

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »