« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

ありがとうございました~G線~

 (私にしては珍しく)尊敬する先輩から、おみやげをいただきました。

D1000609 神戸のG線のワッフルです。さくさくで激ウマ。

家に帰るのが楽しみになります。

shineIさんありがとうございますshine

振り返ると、ここ数年、忙しさにかまけていた気がします。

振り返ることができる分余裕が出てきたのかな?とも思いますが、ここのところ疲労が抜けなかったり、夜中に目が覚めたり、じんましんが顔にできたりと体調は今ひとつwobblyええ、昨日なんて睡眠時間24時間zzz。さすがに、コレはまずすぎる気がします。なるだけ、酢の物とかを食べようと思うsweat02

どこかでリフレッシュしたいですheart04

とりあえずは紅茶とワッフルでリラックスします。

元気になったらもう少し役立つ人間になりたいものです。

D1000608_3 

| | コメント (0)

Rocky Max

 前からものすごく気になっていました、このカフェ。

 裏道探索ツアー(近道?)をしていたときに何回かみかけた、ログハウスのカフェ。

 何となくまったりできそうで、よってみました。

D1000591 ものすごーく、腹ぺこだったので、エビドリアを注文。手作り感があり、なかなかでした。

 ここのカフェの特徴かな?と思ったのが、ログハウスの作り出す、まったりした雰囲気。落ち着いてゆっくりコーヒーを飲みたいときなんかに良いんではないかな?また、カフェ時間も試してみたいです。

 場所はわかりにくいので、地図ソフトなので、要チェック!

<CAFE>☆☆☆★★ RockyMax 岡山市妹尾崎156-2

| | コメント (0)

再訪☆CUE cafe and dish

 キューカフェに行ってきました。

・・・かなり前だけど。

D1000606  ランチや夜カフェ時間に行きたいんですが、なかなかdownでも、かなり、カフェ時間も良い感じですcafe飲み物も紅茶以外のバリエーションが多くて○。次回こそ、ご飯の時間にいこーね、たこさんheart02ここのご飯時間の写真はかなりおいしそうで・・・ううう、早く行きたいです。

<CAFE>☆☆☆☆★CUE cafe and dish

岡山市番町1-14-29

| | コメント (0)

晩御飯@フーラ

昨日は友達と飲みに行きました!
先輩の予約で後楽ホテル裏のフーラで。\3500飲み放題で料理もおいしく,雰囲気も◎!ポン酢で食べるお刺身はおいしいし、レンコンチップの入ったサラダや、ウナギのお寿司もおいしい。話すのが主体なら8品でも十分おいしくいけます。雰囲気は黒のシックな感じで、落ち着いていてさりげなくかわいいお花なんかもあり,いい感じ☆また違った機会でも使わなきゃ♪
最近体調を崩していた先輩も来ていたから,なかなか盛り上がりました。昔の恋バナなんかで( ´艸`)肉食系女子に感心…感心してる場合か!と突っ込まれましたが…なるか肉食!全力で体当たりも男前だな(〃▽〃)

<EAT> Fura ☆☆☆☆★ 岡山市北区磨屋町6-28 あいぜんビル1F

| | コメント (0)

目立ちたくなかった~告白@チャットモンチー~

 昨日は会議でした。

 牛の歩みのような展開に飽きて・・・大暴れ。派手にやらかしました。話自体は良い方向に行ったと思いますが。

 念のため言っておくといつもは黙っています。頭の中で音楽を鳴らし、ひたすら自分を殺してます。

 今回は次の会議があったから、話をまとめる必要があって、ちょっと大きめの声で意見を申し述べただけcatface簡単って言ったら簡単。頭の回転がいまいちだけど、自分を誇示したい人にはマシンガントークで発言を封殺。正論型の意見を汲み、うるさ型の意見をちょっと取り入れて、まとめただけ。自分の意見なんて言ってないもの。だいたい日程とかで逆算すれば答えなんて簡単に出る。けど女社会は牽制し合うんですな。だから、空気が読めない人のふりをして、正論をズバズバと言ってみた。正論だから相手は反論できないし、話は早かったと思います。

 疲れました。目立たないように沈黙してたかった。次の仕事さえなければ、黙っていたのに!

 ところで前半の沈黙時間に脳内に流していたのはチャットモンチーの「告白」。私は前作の方が聞きやすかったけど、コレもいいです。亀田節といしわたり節の違いはすぐわかりますが、ほどよくまとまっていて好きです。私のお気に入りは「染まるよ」。コレを聞きながら夜の散歩がしたいです。

告白

| | コメント (0)

勉強中の前髪

 試験勉強をしていると前髪が気になってきます。

 ので、仕事帰りのスーパーでふいに前髪が嫌になり、飛び込みで美容院に入り、前髪のみカットhairsalon何か、たまたまサービスデイだったのか、新しいはさみを使った、髪につやが出る技術をお試しで施術してくれました。なんだか頭皮マッサージのような感触で不思議でした。ツヤも出たしshine何でも、半年に1回すれば良いそうで、TSUBAKIのコマーシャル撮影でも使われている技術なんだそうです。

 気分転換になりました。

| | コメント (2)

ご無沙汰してます~くるり@魂のゆくえ~

 お久しぶりです。生きてます。

 本当に長いこと放置・・・一応、いろいろとありまして。まず、仕事が忙しく・・・去年の方がいろいろあったのに、周りのサポートのおかげで乗り切れていました。今は、逆にサポートしなくちゃならず、結果、自分の仕事後回し、残業のスパイラル。体調を崩して休み、また増える仕事。ふと気がつけば、私以外の周りは総とっかえだから、粗だけは見える。対外的なことを考えるとほっとくわけにいかないから、口を出す、手を出す、落ち込むのスパイラル。でも、お願い、問題を抱えたまま当日を迎えて、あわてて相談するのはやめてcatface私の体は一つで、その体で仕事をするしかないんだからsadで、また、ちょっとした試験を受けたりして、それのための勉強が帰ってからの時間を圧迫して、焦りが募る・・・なぜか、ここ数日、顔にじんましんまで出る・・・

 試験はとりあえず終了。できはフツーなので、はらはらものではありますが、全力は尽くしました。もし落ちていても次回は受かる自信があるかな?ま、めげずにチャレンジです。受かっていたら別の試験も受けるつもりです。内容はそのうちに、お仕事に役立つかも?

 試験会場への行き帰りには、くるりの「魂のゆくえ」を聞いておりました。私は今回のアルバムは、素朴で、メロディも歌詞もストレートに伝わってきます。ギターよりはピアノサウンドで、ゆっくり聞ける感じです。くるりは電車の中で聞くのが一番しっくり来るバンドなんですが、コレを聞きながら、鈍行でどこかに行きたい、そういう気分になりました。前作の「ワルツを踊れ」よりは、こちらの方が好きですね。初回限定版のみ収録の「三日月」は特に好きです。アルバムのイラストもなにげにかわいい。

 コレをかったから、久々にくるりのホームページを見たら、京都音楽祭の出演がなんと石川さゆり!ちょっと京都音楽祭に行きたくなりました。だって、くるりと民生と矢野顕子と石川さゆりが同じ空間にいるとは!

魂のゆくえ

| | コメント (0)

衝撃の告白

 読んでやろうという方は、ありがとうございます。えーっと、不適切な内容は反転していますので・・・

 

 先日、母方の祖母と電話しました。

 最近、知人の方から、やたらとお見合いパーティーを勧められるので、「うちの親族をみていると、気が進まん」という話をしました。祖母自体がなかなか、強烈な嫁姑体験をしているので、あまり、結婚は勧められません。

強烈体験その①曾祖母はアメリカでの生活歴が長く、気分は半分アメリカ人。戦時中も教会に通おうとするし、お箸のことはチャップスティックというし、英単語が飛び交う家庭生活だったそう。

その②同居していた曾祖母の子供と自分の子供の年の差は約5歳・・・ほとんど兄弟のように育てたそうで、その軋轢たるや・・・アメリカ育ちのくせに「嫁は尽くすもの」という観念のみは、そのまんま日本人だったそうで、その気分は予想不可能。小さな一族の女王様だったそうです。

その③お寺の檀家の家にもかかわらず、気分はクリスチャンだった曾祖母ですが、法事の度に、誰かが病気になる。よほど、仏教で送られるのが嫌だったのか!?牧師さんにきていただき、賛美歌を歌っていただくと、病気の人は出なくなったそうです。あー、こわdown

その他のエピソードは、怖すぎて、公開しません。

さて、本題に戻しましょう。

 お見合いパーティー攻撃に困っていたので、祖母に聞いてみました。「なあ、一族の中で、誰か一人でも、幸せになってる人っておったっけ?」「おらんなあ」

 身も蓋もない。

 父方のいとこは再婚するらしいけど。初婚の時は元奥さんが精神疾患になって離婚したしね。そもそも結婚の時に隠していたのが不信感の原因らしいけどーsweat02立ち直りが早いです。父方のいとこその2は離婚したしな。子供二人は奥さんと一緒。18とかで結婚してなかったっけ?そんで、家は自分のおじいさんにおねだりして建ててもらってなかったっけ?

 他は全員未婚。

 こういう人と関わりたくはねーな。という最大のカードが、何を隠そう我が両親。

 以前から、第一子妊娠時(私ね)に、父からの暴力が母にあったことは知っていました。詳しい内容は・・・勤め先に顔を腫らして通勤する母を知り合いが、母方の祖父母にちくったそうです。祖父が父方の祖父母及び、父に「女性の顔を殴ったりしたらいけない」と意見したところ、今度は腹を蹴ったそうです。最低です。そんで、結果入院。入院したことに逆上した父・・・頭がおかしすぎます。自分に意見する人が大嫌いな、父は母の実家には寄りつきません。ああ、一年に一回はある離婚騒動の時に御年80の祖母をののしるときには乗り込むな。腑に落ちました、父の母の実家嫌い。そのときに離婚すればいいのに。母は元公務員。(当時は在職中)その気になれば、離婚したって食っていけたはず。でも、結局は離婚せず、祖母曰く「あのときに離婚しておけば、onomotの人生も良いものになっていたかもね」そうかもね。結局母もよくわかりません。大人になれば、大変だったんだな、ぐらいはわかるけどさ、経済力もあったのに、なんで?ま、私を守る気はなく、結局は世間体だよね、と思います。ヒステリックな人だしね、好きじゃないです。つまり、対私への暴力は胎児時代からあったわけです。くすん。でも、両親は私に孫を期待しているそうです。いい加減他人に期待するのはやめようよ。あんたの理想の娘を演じるほど、私、暇じゃないです。まず、そうなりたいというような、家族になってください。

 こういう私に、お見合いパーティーは不向きです。だって結婚したい人が行くんでしょうが、あれ。結婚に不向きな一族の私が言ってどーするんだ?というハナシ。でも、真剣に私に向かって「幸せになって」といってくれる人がいるのも、これまた、ありがたい話。・・・どうしたものでしょう?上記反転部分の話をいえば・・・ひかれるだけだなshock

 あーあ、困ったなあ。

 なにより、確実に上記の人々の血を引いている自分が何よりも、誰よりも怖いです。

| | コメント (2)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »