« 吉田豪さん | トップページ | 地パンは »

今週の読書「ボクは坊さん。」白川密成(10ミシマ)

Img_05232_2

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。写真はお正月アレンジです。松、梅、葉ボタン、黄金シダ、スイトピー、シンビジューム、千両、餅草だそうです。お正月だから張り込んで豪華なのを教えてもらいました。1週間以上元気です。
 やっと厄脱出です!いろいろ脱出したいことが今年はいっぱい。今年は心地よい空間を身に置いてみたいものですheart04年末は吉備津神社の裏山に登ったり、走ったりしました。その前に2週間近くナゾの体調不良だったので、ちょっと体力が戻ってうれしいです。体力つけて、変化に備えたいです。今年の反省を元に・・・

  ・プライベートは行動的!
  ・人との関わりをおそれない!
  ・体力増強
  ・全力を尽くす仕事は人を見て、分からない人は分からないからながす(あまりに・・・な人が自分自身それに気がついてないと結構めんどいです。)

 さて、新年初ブログのお題は読書で。
昨年、最も気に入った本の一つです。昨年は有川浩さんの一連の作品も楽しかったですが、エッセイ系ではコレがベストです。
ボクは坊さん。

 四国88カ所の若き住職のご本です。ほぼ日刊イトイ新聞の連載がかたちになったもののだそうです。本を読んだあとほぼ日の方も拝見して、本の方がより読みやすく、直接的に胸に届きました。24才にして住職になられたミッセイさんの日々は私が勝手に想像した辛気くさそうな(失礼!)イメージのお坊さんの日常とはほど遠く、いきいきとしています。
 特に学生時代の話は興味深かったです。おそらく同年代アラサーのミッセイさんは大学ではテニスをされていたりフツーの人の日常と変わらないという印象です。ただ、起こることが高野山大学ということで、場所の特殊性からか、少し違うというぐらい。でも、ミッセイさんにかかるとクスリとほほえむような日常に早変わり…お坊さんの修行中の食生活は珍しく、興味惹かれます。また、高野山という宗教都市独特の話も。お坊さん独特のカットをしてくれる散髪屋さんの話はもおもしろかった。他校に「ぼーさん、ぼーさん、ぼーさん倒せ!」ヤジられるテニスの試合での高野山大学独特の対抗策なんかは是非読んで欲しい!痛快です。
 また、お寺での住職としての日常も行動的です。お坊さんの野球チームやお坊さん同士の交流もあるようす。また、お寺での工夫も素晴らしい。お寺で結構かっこよさそうなTシャツも作ってらっしゃったり、そのほか様々な仏教を身近に感じるような物や手段を考えていらっしゃる。新しく演仏堂なる建物も建てられるようです。仏教を身近にする方法をミッセイさんらしくいきいきと取り組んでいらっしゃる姿が感じ取れる気がします。
 正直、私の日常と仏教はそんなに近いわけではないです。観光旅行でお寺に行くぐらい。ただ、お寺のぴりっとした空気は好きです。たぶん私の年代ならその程度じゃないでしょうか。でも、心が弱って旅行に行くときは自然と神社仏閣や自然の元に近づきたいと思います。私の中でも知らず知らず何かを求めていたのかもしれません。そんなときにこの本と会ったのはすごく良かった。私が本当に求めるのが何か分かりませんが、でも、考える契機にはなったと思います。
 この本を読んで感じたことは「肩を張らず日常に息づく」というのがミッセイさんの考える仏教のあり方じゃないのかなと感じました。そして、それはすごく素敵な気がします。一つの仕事に肩を張らず積極的に取り組んでいる姿も好感が持てます。
 お仕事エッセイとしても、青春エッセイとしてもすごく楽しめます。おすすめです。
 栄福寺の演仏堂ができたら、ぜひ拝見したいものです。

<BOOK>☆☆☆☆☆「ボクは坊さん。」白川密成

|

« 吉田豪さん | トップページ | 地パンは »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉田豪さん | トップページ | 地パンは »