« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年1月

ろくでなし啄木見てきました!

 久しぶりの演劇鑑賞!三谷幸喜の舞台「ろくでなし啄木」を見てきましたlovely

 やっぱり演劇はいいですね~。藤原竜也は色っぽいし、吹石一恵も意外なほど艶がある。中村勘太郎のおどけた演技もなかなか・・・また家に帰ったら書きますね。やっぱり年に何度かは舞台鑑賞すべきshine心が潤いますねheart04

| | コメント (0)

くるりライブ@香川オリーブホール

 くるりライブに行ってきました。1/10に。

 やっぱり、ライブは元気でますね。当日はすごく寒くて、かなり行程はきつかったですが。んー、やっぱり冬は外に出るのがめんどう。でもやっぱり楽しいことのためなら出られますねheart02
 ライブ前に近くのうどん棒でかまたまを注文。家で作るのとは違います。おいしい!寒いときには温かいうどんが○bleah

 さて、ライブです。岸田さんが上手、センターに佐藤社長、下手にそう君(フジファブリックの山内総一郎さん)でした。最新アルバムの曲が中心でしたが、チオビタの新曲や、音楽担当をする「まほろ駅前多田便利軒」(原作は三浦しをんさん。本はおもしろかったですよshine)のテーマソングも聞けてうれしかった。総君ってギター上手いよなー。とおもったのが、リクエスト曲!「花の水鉄砲」や「すけべな女の子」を「何となく分かっている」というレベルでだったそうですが、違和感全然無し。このライブメンバーは組んで一ヶ月だからすべてのくるりの曲が入っているわけではないそうです。「アンテナ」(花の水鉄砲は入っていませんが)というアルバムはクリストファー・マグワイヤがドラムを担当していたので、誰でもできるわけでは無いそうで。確かに力強いドラミングで、勢いのあるアルバムでした。あまりライブでしないから本当に聞けてうれしいです。

 ライブまた行くぞup

| | コメント (2)

先日のカフェ部…シグネ一番街店

 お久しぶり、カフェ部長です!
 先日友達と舞台を見た帰り、晩ご飯をかねて、シグネの一番街店に行ってきました。高島屋の近くに位置してます。中はおしゃれ、シャープな中にも温かみがあるインテリアです。夜ごはんセットを注文!私はキーマカリー。友達はハヤシを注文。

Dvc00004

夜ごはんセットは前菜+サラダ(何種類かからセレクト)+メイン(ハヤシやカレー、パスタなどからセレクト)+飲み物でした。

Dvc00003
野菜どっさりでおいしかった。少ないようで結構おなかにたまります。
Dvc00002_6
体が弱い(?)私はハーブティーでビタミン補給sign03友達はカフェラテだったかな?
雰囲気も良く、それなりにおいしい!夜カフェするには良いところだと思います。その日はガールズトーク、密やかに盛り上がりましたheart01

<CAFE>シグネ(一番街)☆☆☆☆★

| | コメント (2)

ぜんまい

アレンジメントは楽しいですね。

004

コーンという形です。カーネーション、ミリオン、ナンテン、ゼンマイ、バラを使っています。ゼンマイやナンテンは和風な印象ですが、結構かわいくいけられますね…もっとうまくなりたい!

| | コメント (0)

「ろくでなし啄木」のチケット譲ります!

三谷幸喜の舞台楽しみにしてます!今回は「ろくでなし啄木」。藤原竜也+吹石一恵+中村勘太郎主演のお芝居~。みなさん三谷作品の常連で、外れがなさそう。毎回演劇はワクワクしますね~heart04
ただ、一緒に行くはずの人の都合が付かず、1枚余らせてしまいました。大阪公演です。公演についての詳細は以下の通りです。

1月29日 12:00開場 12:30開演 S席 2階C列14番 @シアターBRAVA!

定価の11,000+手数料1010=12010円でお譲りしたいと思っています。もしお望みの方がおられましたら、コメントいただけたらと思います。演劇が好きな方に見ていただけるなら、本当にうれしいです。よろしくお願いいたします

ありがとうございました。めどが立ちました!心おきなく行ってきます。

| | コメント (0)

泉門天の餃子…秋元麻巳子「幸福のお取り寄せ」より。

 最近、餃子にはまってます。スーパーで偶然会った先輩と餃子が食べたい!という意見が一致して餃子を即食べに行ったり…(あ、餃子の王将で食べました。おいしかったですよ。)
 有名ですが丸岡の餃子とかはたまーに職場で取り寄せます。大きめでかりかりでジューシー!おいしいheart01知り合いの男性は独身時代は40個の餃子を一回で食べたそうですが…いくらおいしくても10個がせいぜいなので冷凍したりしますが冷凍すると味がイマイチ…なんですよね。
 で、冷凍でもおいしい餃子を探していました。秋元麻巳子さんの「幸福のお取り寄せ」に載っていた『泉門天』を試してみました。
063
冷凍で届きます。 早速、焼いて食べました。京都のお店だからか、舞妓さんのおちょぼ口で食べられる一口餃子です。が、結構食べ応えあり。たれのラー油のせいもあり、結構ピリ辛。大人の味です。丸岡とはまた違いますが、これも良いなあheart04おせちや和食が多い一月。目先を変えるには、おすすめです!

| | コメント (0)

意外な福袋

 毎年恒例で買う方もいらっしゃいますよね?福袋!私は、買ったり買わなかったり。今年は買うつもりがあんまり無かったんですが、イオン倉敷のスポーツオーソリティで買いましたheart041月2日に。一応スポーツは嫌いじゃない私。月に2回のヨガにほぼ週1のジョギングしてます。よって、結構ジャージがいるはずなんですが、あまり持ってないので購入!もうナイキやアディダスやプーマはありませんでしたcoldsweats01しかし、結構好きなルコックのが残っていたので購入!10000円也happy01内容は…

  ・ジャケット
  ・パーカー
  ・ロンT
  ・Tシャツ
  ・スウェットパンツ

でした。約30000円の内容でした。結構柔らかい、室内向けの素材が多かったので、ヨガで活躍しそうconfidentジャケットは中綿タイプなのでウォーキングの時や通勤の時にはおろうかな…来年はプーマも良いかな?って早くも考えてます。プーマならジャケットとかは普段の外出とかでもフツーにかっこいいしなーhappy01ジャージは家の中やエクササイズのためによく使うから、年に1回ぐらい福袋買っても全然OKかも…今年もマラソンがんばろうshine

066

| | コメント (0)

地パンは

 少しもっちり目だけどおいしかったです。

かすかにハニーの風味。

おいしいパンってワクワクしますよね。今度岡山の和良の米粉パン買いに行こう!もちもちしておいしいです♪

| | コメント (0)

今週の読書「ボクは坊さん。」白川密成(10ミシマ)

Img_05232_2

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。写真はお正月アレンジです。松、梅、葉ボタン、黄金シダ、スイトピー、シンビジューム、千両、餅草だそうです。お正月だから張り込んで豪華なのを教えてもらいました。1週間以上元気です。
 やっと厄脱出です!いろいろ脱出したいことが今年はいっぱい。今年は心地よい空間を身に置いてみたいものですheart04年末は吉備津神社の裏山に登ったり、走ったりしました。その前に2週間近くナゾの体調不良だったので、ちょっと体力が戻ってうれしいです。体力つけて、変化に備えたいです。今年の反省を元に・・・

  ・プライベートは行動的!
  ・人との関わりをおそれない!
  ・体力増強
  ・全力を尽くす仕事は人を見て、分からない人は分からないからながす(あまりに・・・な人が自分自身それに気がついてないと結構めんどいです。)

 さて、新年初ブログのお題は読書で。
昨年、最も気に入った本の一つです。昨年は有川浩さんの一連の作品も楽しかったですが、エッセイ系ではコレがベストです。
ボクは坊さん。

 四国88カ所の若き住職のご本です。ほぼ日刊イトイ新聞の連載がかたちになったもののだそうです。本を読んだあとほぼ日の方も拝見して、本の方がより読みやすく、直接的に胸に届きました。24才にして住職になられたミッセイさんの日々は私が勝手に想像した辛気くさそうな(失礼!)イメージのお坊さんの日常とはほど遠く、いきいきとしています。
 特に学生時代の話は興味深かったです。おそらく同年代アラサーのミッセイさんは大学ではテニスをされていたりフツーの人の日常と変わらないという印象です。ただ、起こることが高野山大学ということで、場所の特殊性からか、少し違うというぐらい。でも、ミッセイさんにかかるとクスリとほほえむような日常に早変わり…お坊さんの修行中の食生活は珍しく、興味惹かれます。また、高野山という宗教都市独特の話も。お坊さん独特のカットをしてくれる散髪屋さんの話はもおもしろかった。他校に「ぼーさん、ぼーさん、ぼーさん倒せ!」ヤジられるテニスの試合での高野山大学独特の対抗策なんかは是非読んで欲しい!痛快です。
 また、お寺での住職としての日常も行動的です。お坊さんの野球チームやお坊さん同士の交流もあるようす。また、お寺での工夫も素晴らしい。お寺で結構かっこよさそうなTシャツも作ってらっしゃったり、そのほか様々な仏教を身近に感じるような物や手段を考えていらっしゃる。新しく演仏堂なる建物も建てられるようです。仏教を身近にする方法をミッセイさんらしくいきいきと取り組んでいらっしゃる姿が感じ取れる気がします。
 正直、私の日常と仏教はそんなに近いわけではないです。観光旅行でお寺に行くぐらい。ただ、お寺のぴりっとした空気は好きです。たぶん私の年代ならその程度じゃないでしょうか。でも、心が弱って旅行に行くときは自然と神社仏閣や自然の元に近づきたいと思います。私の中でも知らず知らず何かを求めていたのかもしれません。そんなときにこの本と会ったのはすごく良かった。私が本当に求めるのが何か分かりませんが、でも、考える契機にはなったと思います。
 この本を読んで感じたことは「肩を張らず日常に息づく」というのがミッセイさんの考える仏教のあり方じゃないのかなと感じました。そして、それはすごく素敵な気がします。一つの仕事に肩を張らず積極的に取り組んでいる姿も好感が持てます。
 お仕事エッセイとしても、青春エッセイとしてもすごく楽しめます。おすすめです。
 栄福寺の演仏堂ができたら、ぜひ拝見したいものです。

<BOOK>☆☆☆☆☆「ボクは坊さん。」白川密成

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »